ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッカー日本代表はブラジルに負けて予選リーグ敗退でしたね。
といっても個人的には初戦のオーストラリア戦(前半のみ)ぐらいしかテレビ観戦していなかったので、日本代表がああのこうだのと言えないんですけど。
視聴率が50%を超えているのに、なんとも非国民な感じですが・・・
でも、サッカー自体には興味があるんですけどね。

さて、今世間であれこれ言われているジーコ監督ですが、彼について書かれた(W杯開催前の)新聞記事をたまたま読んでいて、面白いなーと思ったので紹介します。

ジーコ監督 ”天才の目”生かせるか  
ー藤島大ー

ラグビーの試合で、体が大きく力の強い相手が全速力で走ってくる。この競技を選んだ人間の宿命として倒さなくてはならない。
タックルを仕掛けるこちらの顔を見据えて思いっきりぶちかましてきた。痛い。勇気と技術がなければ吹き飛ばされる。ただしコーチ経験から断言させてもらうなら、練習をつめば何とか止められる。

どうしようもとめられないのは次の例である。
ボールを持った相手が、それを止めようとするこちらを無視する。少しも気に掛けない。自分にタックルしてくる者をまるで見ようとせず、その向こうを目掛けて走る。
いかに必死に倒そうと気を張っても、そこに「世界」をこしらえてもらえない。つまり黙殺。そうなると止める側は、たちまち無力化して身動きがとれなくなる。

ジーコについて書きたい。
解読不能なようでいて単純明快かもしれぬサッカーの日本代表監督は、どこを見ているのだろうか。
4年前のW杯期間中、本誌の小杉敏之記者とささやかにビールグラスを傾けた。Jリーグの選手経験を持つエキスパートとの語らいは楽しく勉強にもなった。
以下の話を聞けた。ジーコのJリーグ時代、既に往年の体力はないのに誰もボールを奪えなかった。なぜなら「ジーコは遠くを見ていたから」。守る立場からすると、自分を見ずに自分のはるか後方に目をやっているように感じるので、それ以上は近づけない。近づかないでいるとジーコはスッと間合いを詰めてくる・・・。ラグビーで似た感覚を知っていたから、ああ、やはりジーコはうまいんだと実感できた。

さてW杯開幕直前、まだジーコ監督の評価は定まらない。就任前は「肯定論」と「否定論」はいずれも声を小さくしている。
「日本はこう戦うんだ」という全体像はぼんやりしたままだ。なのに勝ち進んできた。肉体の資質、歴史=勝利の記憶といった領域で強国とは差のある日本代表が「地金」で戦う。本来は危険なはずが、ジーコという人がベンチの前に立つと、それもありかなと思わされてしまう。元天才選手だけの風景がきっとある。細かなシステム変更や選手選考に一喜一憂するジャーナリズムとは違う場所を見ている。
<以下省略>


日本代表に関する連日のあまりに加熱したテレビ報道では、こんなにいたのかよ!と思うほど多くのサッカー解説者が、3バックがどうだとか4バックがどうだとか、選手起用がどうのこうのとかを解説し、聞き手も芸もなく同じ質問ばかり。あとは人気キャスターがドイツから一面的な報道ばかりしているし。正直そんな報道を見ていると「あほくさっ!」と思って、サッカーを観戦しようかなと思わなくなっちゃうですよね。
もし今でもドイツにいたら、そんな報道を見ることもなく、日本代表の情報に飢えているから、愛国心という気持ちもふつふつ湧き上がって、負けても勝っても熱心にテレビにかじりついていたと思うんですけどねぇ。
おっと・・・、これ以上書くともっと過激な事を書いちゃいそうなので、ここらへんで止めておいて。

結局この記事が書かれていることが、サッカー解説者が御託を並べていることなんかりより、はるかに物事の本質に近いのではないかと思う。
「ジーコとその他大勢が見ている風景が違う」ということにつきるのだと思う。「普通の人には見えないけど、特別な人には見えるものがある」という言葉はずっと以前から気になっているんだけど、その特別なものとは 感性 なのかなと個人的に思う。じゃあ、感性はどういうものかという話になると、禅問答になっちゃいそうですけど。

で、サッカーブラジル代表というのは、いつもW杯決勝戦を見据えて試合をこなしていると思うんですよね。一方日本代表は予選リーグのまず1試合1試合しか目がいかない。
そんなチーム同士が戦えば、結果は目に見えているんでしょうね。


スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ





名選手が名監督とは限らないってのをわかりやすく伝えてる記事ですね。
選手と同じ所を見られる監督じゃないと、なかなか選手との一体化は難しいんでしょうねえ。
私の一押しは「ラモス監督」だったんです。夢が見れそうで^^周囲には賛同を得たんですけど無理でした^^;
【2006/06/24 23:14】 URL | chocho #ofxKis3k[ 編集]

日本の報道を全く見てないので、勝手に愛国心が湧いちゃってる一人です(笑)
でも日本のメディアが伝えている内容は、ネットを見れば想像がつきますね。
そんな人達よりもやっぱ僕は「松木さん」の言葉が聞きたいです。
がんばっている選手たちに対して敬意が感じられて好きなんですよ!
まあ、「解説」ってジャンルに分類すること自体無理がありますが・・・(笑)
【2006/06/25 01:03】 URL | ATSU #-[ 編集]

できれば、勝って欲しいと思うけど・・・やっぱり、根底が違うんでしょうねぇ~~
でも、オーストラリア戦のあと、ヒディング監督が、”中田と中村を、とめれば、日本は機能しなくなると、思っていた”と・・・う~~~ん、さすが!!!って、感じですねぇ^^
某番組で、ある人が言ってたけど、
ブラジル人の足に吸い付くようなパス回しは、
子供のころに、裸足でボールを、蹴っていないと、身につかないって・・・
靴をはいてからでは、身につかないんだって・・・@@・・・
食べるものを、買うお金を、サッカーのトレイニングへ行く為の切符代に、置き換えてでも、サッカーに行くって・・・サッカーは、生きる手段なんだよね・・・@@。。。
ドイツで、子供たちが、サッカーをする環境を取材してたけど、
ちゃんと整備された、サッカー場が、何面もあって・・・
誰でも、利用できて・・・
そこに、皆が、お金をだし、スポンサーもついていて・・・
サッカー人口が、いくらか、忘れたけど、規模が違う・・・
本当に、勝ちたかったら、もっと、根本からやらないと・・・と、思うのですが・・・
税金の無駄使いや、議員さんたちへの優遇・・・
そんなものを、やめて、もっと、子供たちへ、お金をつぎ込むべきかと・・・(何か、話が、横へずれちゃいました・・@@・・)
Jassiさんたちの世代が、頑張ってくださ~~~い!!
【2006/06/25 09:47】 URL | CoCo #-[ 編集]

同じ感覚を持ち合わせたブラジルを指揮するならともかく、日本人だと厳しいのでしょうね。まあ結果論ですが。
既に千葉のオシム監督が時期監督で決まりと言うことで、ラモスさんは次回以降の候補として、もっと指導者経験を積んでからなんでしょうね。
【2006/06/25 19:49】 URL | Jassi #-[ 編集]

松木さんは確かに「解説者」というジャンルじゃないですよね~、サッカーフリークのちょっと知識があるタレントみたいな感じで(笑)
彼の能天気な感覚が個人的にもGoodですね。
あまり偉ぶることがないのも、好印象ですよね。
さすがに彼に代表監督はまかせれませんけど(爆)
【2006/06/25 19:53】 URL | Jassi #-[ 編集]

頑張って下さ~い!と言われても、ちょっと困っちゃうんですけどね(苦笑)
でも、日本はまだまだサッカーに対する意識が不十分なんでしょうね。体格が違うとかハングリー精神がないとかよりも。

以前何かの本で読んだのですが、日本の柔道は国際大会で金メダルをとることが求められている。それ以下であれば、銀でも予選敗退でもそんなに大差はないこと。
そういう厳しい環境で日々訓練しているから、外国人との体格差や身体能力を乗り越えて常勝軍団を築けると。
それをサッカーで体現しているのがブラジルなんでしょうね。
【2006/06/25 20:00】 URL | Jassi #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。