ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドイツの "Sport Bild"誌 に掲載されていたF1に関する話題を取り上げます。


F1フェラーリ所属ドライバー・バリチェロ(33)が来シーズン、フェラーリから離れることになり、新しく元フェラーリテストドライバー・現ザウバー所属のフェリペ・マッセ(24)が加入する事になりました。フェラーリはバリチェロと2006年までドライバー契約をしているにも関わらず、そのような決断を行った背景にはフェラーリが予算削減に取り組んでおり、2004年の年間予算が 350 Mil.Euro であったのに対して2005年には 300 Mil.Euro に減っています。更なる予算削減に努めようとしましたがそれ以上は無理な為に、ドライバーの年棒をカットした訳です。ただしフェラーリとしてはなんとしてもシューマッハだけはチームに留めたいようです。
ちなみにバリチェロの現在の年棒が 11 Mil.Euro(15億円) であるのに対し、マッセとの契約では 3 Mil.Euro(4.1億円) で、その差額をミヒャエル・シューマッハ(36)の現在の年棒 35 Mil.Euro(47億円) の一部に当てるためとの事です。

ただどのチームも年間予算は上がる傾向にあり、その理由としてF1の規約変更により新しい技術開発や更なるテストが必要となるためで、フェラーリにとってはBMWやメルセデス、トヨタ、ルノーなどの巨大企業に比べますます資金繰りが厳しくなるようです。

チーム年間予算 - ドライバー総年棒 
<Ferrari>  300 Mil.Euro(405億円) - 46 Mil.Euro(62億円) 
<McLaren> 300 Mil.Euro(405億円) - 26 Mil.Euro(35.1億円)
<Toyota>  400 Mil.Euro(540億円) - 21 Mil.Euro(28.4億円) 
<BMW Williams> 220 Mil.Euro(297億円) - 8.5 Mil.Euro(11.5億円) 
<Bar Honda> 215 Mil.Euro(290億円) - 7.5 Mil.Euro(10.1億円) 
<Renault> 150 Mil.Euro(203億円) - 7.5 Mil.Euro(10.1億円) 
<Sauber> 120 Mil.Euro(162億円) - 7.2 Mil.Euro(9.7億円) 
<Red Bull> 70 Mil.Euro(74億円) - 5.3 Mil.Euro(7.2億円) 
<Minardi> 50 Mil.Euro(68億円) - 0.85 Mil.Euro(1.1億円) 
<Jordan> 70 Mil.Euro(95億円) - 0.5 Mil.Euro(0.7億円) 
(注)ユーロから円の換算レートを1ユーロ=135円としてすべて計算しました

コンストラクターズポイント(ドライバーズポイント合計)
<Ferrari>  86ポイント  3位
<McLaren> 107ポイント  2位
<Toyota> 68ポイント  4位
<Williams> 52ポイント  5位
<Bar Honda> 20ポイント  7位
<Renault> 117ポイント  1位
<Sauber> 14ポイント  8位
<Red Bull> 24ポイント  6位
<Minardi> 7ポイント  10位
<Jordan> 11ポイント  9位           
(注)ハンガリーGP終了時点


上の数字を見ると、フェラーリの予算に占めるドライバーの年棒に占める割合が極端に大きく、15.3%にもなっているということが目を引きます。ちなみに他のどのチームも10%以下となっています。それとルノーは少ない資金の投入でかなり健闘していることと、トヨタはまだF1の新参者ということで初期投資をかなりしているんが分かります。トヨタは販売台数世界2位ではありますが欧州市場ではまだそれほどシェアを握っている訳ではないので、F1という巨大な広告塔を足がかりに欧州メーカに食い込みたいようですね。

まあF1に関してはほとんど知識がないので詳しいことは全然わからないのですが、ドイツではシューマッハの活躍もありF1はかなり人気があるスポーツなので取り上げてみました。



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ



日本にいるときは定期的に新聞を購読していたのですが、今はしていません。
理由は単純で、新聞を斜め読みして面白そうな記事だけ読むということが出来るほどドイツ語力がまだある訳でなく、ちゃんと読もうと思ったら1日仕事になりそうだからです。(どの新聞を読むかにもよりますが・・・)

という訳でここ最近は週1回発行の新聞 「DIE ZEIT」 http://www.zeit.de
をだいたい毎週買って読んでいます。
週1回の新聞が個人的に気に入っている理由は、大雑把に以下の3つ。
1.週1回なので、時間に余裕をもって読むことができる
2.1週間に起こった数ある出来事の中から、重要と思われる事が既に選りすぐられている(これで世の中の動きが大体把握できる)
3.出来事の背景に関する記述や詳しい解説が書かれてあって読み応えがある(日本にいる時とは違い、出来事の流れや背景に関する知識が乏しいから)

と、ちょっと偉そうに書きましたが、週刊なので分量と記事の濃さもなかなかなので、1週間で読み終えることは珍しく、未読の新聞がたまっているのですが・・・ (^^;


さて、ちょっと前置きが少し長くなりましたが、ここからが今日の本題です。
前述のDIE ZEITに掲載されている記事の中に興味深いものがあったので一部抜粋します。

"Frauen pokern einfach besser"(女性は理屈ぬきで賭け事が上手だ)

女性のほうが男性よりもお金の扱いが上手で、株や証券投資においてより多くの利益をだしている。カリフォルニア大学の研究によると、35,000件の株の運用結果から女性のほうが平均1.4%多く利回りをだしており、DAB銀行の調査によると、女性の方が5%より利益を出している。女性の方が男性より利益を上げている理由は、女性の用心深さを挙げている。

男性はお金を力や権力、支配とみなしており、利益の増大を追求する。
それに対して女性は、お金を安全や保険、(男性からの)独立を意味する。

女性は男性に比べると大きなお金を持たしてもらえない為、自然とリスクに敏感になりやすい。
女性は手持ちの情報がすくない時には、より慎重になる。


男性は金融市場の動きや仕組みを十分理解していると思い込み、
しばしば自分の知識を過大評価して間違った決定をしやすい。


また、女性は金融知識を学べば学ぶほど、大胆になり決断力が増すが、
男性は大胆になるほど、金融知識がおろそかになりがちになり、
色々な情報を示されて示されるほど、リスクに物おじするようになる。



個人的に株の売買は今までやってことがなく、この記事の内容について実感として感じることができないのですが、実際はどうなのでしょうか? 近い将来には株の運用(あくまでも趣味の範囲で)をやってみたいとおもっているのですが・・

日本では結婚後はお金の管理は奥さんがして、旦那は奥さんの手のひらの上で踊っているような感じになったほうがうまくいくとよく聞くのですが、この記事は部分的にはそれを証明していますね。



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:雑感 - ジャンル:海外情報



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。