ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、これまでのドイツでの生活を少し振り返ってみたりしているのですが、ちょうど今考えているのが 「海外で暮らすメリット・デメリットって何だろう?」 という事です。

ということで、今回はまずメリットについて。
個人的に思いつくまま書き連ねてみると、、、
(あくまでもドイツでの生活を通してということになりますが)

■その一
ほぼ46時中ドイツ語を使わなくてはいけない、もしくはいやでも耳に入ってくるので、ドイツ語の上達が早くなる。
■その二
外国人と接することへの抵抗感がかなり少なくなる。
またその接触を通じて、少なくともドイツ人と日本人では人間の本質的な部分にほとんど違いがないことが分かる。
■その三
不完全な適当なドイツ語でも、ネイティブじゃないんだから正しいドイツ語なんて無理無理と思って、あまり気にせず話せるようになる。(でも会話に日本人が交じったりすると、変に意識することも)
■その四
ドイツ語を勉強しているにも関わらず、英語の重要性をすごーく感じる。
■その五
学歴や経歴、これまでの実績など全く抜きのありのままの自分の姿(人間的弱さや強さ)を、いやがうえにも認識させられる・客観視できる。
■その六
精神的にタフになれる。(少々の理不尽なことでも諦めが早くなるし、驚かなくなるし、これはドイツだからしょうがないと思えるようになる)
■その七
自分で全くゼロから道を切り開く力が身につくor体験できる。
■その八
日本を距離を置いてみることで、日本の良さ、素晴らしさ、特異さ、おかしな部分が見えてくる。
■その九
ヨーロッパで生活するという夢がかなった。(あくまでも個人的な夢だけど)
■その十
ドイツに居れば自分自身が外国人という少数派に属することになり、その立場にいることで初めて見えるもの、感じることがある。
■その十一
必ずしもお金をかけなくても、人生や生活を楽しむというスタイルがあるんだということを知る。

と、、こんな感じですかね。ちょっと抽象的な表現が多くなりましたが。
もちろんここに書き並べたことが、すべて自分の糧として身についたことじゃなくて、単に感じただけのこともありますけどね。

ちなみに、この件についてネットを検索していたら、こんなHPを見つけました。
大学受験予備校・代ゼミの帰国子女向け大学進学のエッセイリンクなんですけど、読んでみると結構うなずけることも・・・。
その中で個人的にちょっと面白いなと思ったのが、「目は口以上にものを言い」 というエッセイ。

内容はと言うと・・・

スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報


今週末は久しぶりに青空で気温も上がり、3月半ばにしてようやく春らしい日となりました。
やっとかめだがねぇ~! 待っとったがねぇ~!
でも、今日は朝から小難しい書類作成をしていたので、なんだかなあーという感じだったのですが、それでも夕方には近場のある所へちょっとお散歩してきました。まあこれについて後日書きたいと思います。

ところで、フライブルクと言えば何を一番に思いつきますか?
まあ、そもそもフライブルク自体知らない方のほうが多いのかもしれませんが、個人的には街の中心部にそびえたつ 教会(Muenster) です。
ということで、今回は"Muenster"の写真をご紹介!
(写真をクリックすると拡大します)

IMG_0099A.jpg

IMG_0097A.jpg

IMG_0104A.jpg

P1020522A.jpg

ちなみにこの建物の高さは116mあり、周りには高層ビルなど全くないので、遠くから見る眺めもなかなかです。興味をもたれた方は このページ(ドイツ語) をご覧になって下さいね♪


コメント、リンク、トラックバックお待ちしてます!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



事務所での仕事をするようになって気なること。
それは 照明の明るさ です。

欧米人はアジア人などと比べると夏の強い日差しに対しては強くないけれども、逆に僕らにとって薄暗いと思えるようなところでもさほど気にすることなく作業が出来るということを聞いたことがあります。
ということで、うちの会社の人達もやはりその種類に属するらしく、夕方暗くなってきても進んで照明をつけようとしません。たいがい僕がいつも照明をつけることになるのですが・・・
僕の子供頃なんて暗いところで本とか読んでいると、「目が悪くなるからちゃんと明かりをつけてやりなさい!」と親からよく言われたものですが。

ということで、それにまつわる新聞記事をご紹介。

日本人と蛍光灯

欧米では、オフィスなどには直管型の蛍光灯が使われることもあるけれど、一般家庭では白熱灯がほとんどで、まず蛍光灯は使われないそうだ。そういえばハリウッド映画の家族のシーンで蛍光灯を見たという記憶がない。
いっぽう日本のドラマや映画では、1人暮らしの部屋でスイッチをひねると、ちょっと瞬いて点灯する蛍光灯が、寒々とした孤独感の演出にもよく使われる。ああいう、丸型蛍光管が二重になったペンダント型の照明器具は、日本独特のものなのだ。
もちろん電力の節約という大きな理由もあるだろう。しかしそれだけだろうか。日本の夜は明るすぎるという指摘は時々聞く。まるで蛍光灯の王国のようなパチンコ店やコンビニを筆頭に、この国の街路は深夜までひどく明るい。
(途中省略)
ひよっとすると、これは「光」というものへの感性や認識の違いによるものではないだろうだか。欧米人にとっての光は、おそらく「神のまなざし」と同じことで、点光源が基本にある。ランプや蝋燭がそうだし、シャンデリアにしても点光源の集まりだ。点光源からまっすぐ放射される光が、遠近法のようにして個人を立体的に照らすこと。つまり光とは、神と個人を結びつける、大切な媒体なのではないか。
いっぽう日本では、障子、行灯、提灯の昔から、面光源が基本にある。これは、それこそ多神教的に、あらゆるものが光源となって光を放つという発想がどこかにあるのではないか。
(途中省略)
というような、たいへんに高度な比較文化論を、イベントから帰宅して考えていたら、家人いわく、「だって日本の熱帯夜に白熱灯じゃ暑苦しいでしょう」
なるほど、昨今の寝苦しい夜には、蛍光灯のほうが涼しげだ。真実は思想ではなく生理に宿るということか。考えすぎは日本人の、いや私の悪い癖かもしれない。



色々御託を述べられるより、蛍光灯のほうが涼しげで蒸し暑い日本向きだといわれると、確かにその通りかなと思ってしまいますよね。
ちなみに僕の部屋にも家にも全く蛍光灯は存在しません。以前IKEAで照明器具を見てたのですが、日本のような蛍光灯タイプの明々とした器具は一つ置いてありませんでした。
まあ慣れてしまうとそういうものかなと思ってしまうんですけどね。


たまには 1クリック していってくださいね♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報



以前の記事 でこの金曜日に「クリスマスハイキング+食事会」の招待を受けたと書きましたが、もちろん参加しました! 
・・・と好奇心&ネタという意味でもハイキングに行きたかったのですが、残念ながら仕事のため断念。でも食事会には行ってきました。(←といっても山の上で行われた訳じゃありませんよー、市内のおしゃれなレストランでした♪)

ちなみにハイキングに参加したある人の感想は、"weiss,kalt,schoen" 「(雪で)白い、寒い、美しい」とのこと。あと1mほどの氷柱があったそうです。予想したとおり?だけど、「美しい」というのは実際に行かないと本当のことは分からないんでしょうね。

さて食事会には16,7人が参加していたのですが、今回席がたまたま隣になったの70歳近くのご老人。なんでも今はもう一線は退いて静かな年金生活者のようですが、以前は諸団体のお偉いさんだったようです。
彼はその食事会で、紅茶、ワイン(×2)、ラムステーキ、食後のホワイトチョコレート&オレンジソースをペロリと平らげ、途中にも何かもらって食べていたんですけど、その歳でそんなものパクパク食べたらポックリいっちゃうよ!? なんて不謹慎なことを思いながら見ていたんですが、彼らと僕らでは体の消化構造がそもそも違うのかなー。
ちなみに僕はビール(×2)、サーモンの揚げ物とジャガイモ&マヨネーズソース。久々に外でビール飲んだんだけど、やっぱり家で飲むのとは一味違うね  なんで外で飲むビールはおいしいのでしょうね?? すべておごりだったからかな

それで彼とは僕がその施設で何をしていたのか、今は何をしているのとか等の話になり、そのうちに彼が住んでいる所のお祭りの話題になりました。下の画像では"Fasnet"と書いてあるけど、彼は"Fastnacht"(カーニバル)と言って、その祭りの内容を詳しく説明してくれたんだけど、僕はそもそも"Fastnacht"自体の知識がすごーく少ない為、聞いていても話が全然分からない。あまりにも分からないことが多すぎたから、相槌だけはうっていたんだけどね。(典型的日本人?)
そうしたら、帰り際に来年は2月末に開催されるから、もしよかったら遊びに来なさいと言われちゃいました。気に入られたみたい!? それに甘えて行ってみようかな。

fasnet.jpg
全く時期外れの画像で失礼!

ちなみに今回参加したメンバーの中の2人についてちょっとした感想。
1人は年齢19歳位の娘。その施設での研修生なんだけど、(写真がないので想像してもらうしかないんですが)彼女の顔は本当に美しい! まさにヨーロッパの美術館においてある彫刻のような顔。彼女の顔を見るたびに本当につくづくそう思います。ただ、その顔同様性格もなかなかクールで、おまけに煙草もプカプカやっています。ふむぅー

そしてもう1人は館長。といっても40半ばぐらいの女性なんですが、彼女はドイツ人にしては珍しく?優しい顔立ち。フランス系の血が入っているのかな・・・ 基本的に喋るのもゆっくりで、性格も顔同様に温厚です。日本にも何回か行ったことがあるそうで、「こんにちは」「ありがとうございます」「美味しかったです」などもたまに喋り、習字もやっていたりと結構な親日派。色々よくしてもらってます。

なんか対象的な2人だなと思って食事会で見ていたのでした。(それ以外に他意はありません)



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報


昨日以下のような書き出しのメールが届きました。

" Weihnachten steht vor der Tuer and wir laden euch herzlich zu einem kleinen Weihnachtsausflug mit anschliessendem Essen ein. "

意味としては 「そろそろクリスマスの時期も近づき、皆さんをクリスマスハイキング(こんな言葉あるのかな・・)+お食事会に紹介します(訂正:ご招待します)」 というような内容。
差出元は以前働いていた施設で、関係者20人あまりに一斉配信されたようです。

もちろん施設の関係者は顔馴染みの人が多いし、そういう集まりがあるのはもちろん嬉しいんですが、クリスマスパーティーのご招待と思いきや、クリスマスハイキング のご招待ですか・・・・・ 

そんなハイキング聞いたことがないぞ

そしてハイキングの目的地は "Feldberg" という山。
その山には今年の5月ぐらいに行ったことあるのですがフリースを着ていても寒いくらいだったのですが、最近の天気を調べたら最高気温が氷点下(体感気温は-10℃ぐらい)のようです

その施設は環境保護団体系なのでそういうイベントを計画しても不思議ではないけど、何故この時期にその場所に行こうとするかなぁー・・・ 
しかし、ちょくちょくサイクリングや山登りに誘ってくれる元ボスといい僕の周りにはこういう素敵な感覚(?)を持っている人が多いよなー。喜ぶべきか悲しむべきか・・・

ということで、返事をどうしようかなと考え中。
一応食事会だけの参加もOKみたいですが・・・



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



先週の日曜日も寒かったですねぇー。
最低気温がマイナス5℃だったらしいのです。
でも日曜日にも関わらず朝6時に目が覚めてしまう僕ってかなり老化が進行してる!? 
土曜日は24時ぐらいに寝たのに・・・
もう完全朝型人間になってしまいました

でも6時に起きるのは平日だけで十分だと何故か思い、もちろん2度寝しましたが。。。
そして9時頃今度は携帯がピコピコ鳴って目が覚めたのでしたが、相手は以前働いていた施設のボス(ドイツ人)。彼は50歳半ばぐらいで、ドイツでの僕の親代わり(それはちょっと言い過ぎか)、ドイツ語の先生、フライブルクの案内役等々、ここでの恩人とも言える大切な人です。

そしてその電話の内容は、
「今から時間あるか? あるなら山に散歩に行こう!」

「時間はあるけど、今日はすごーく寒そうだよね!?」
内心: (えーっ、外に出たくないよ・・・、俺はドイツ人じゃないから、日曜日だからといって山歩きしたり、散歩したりする習慣なんてないんだよぉ)


「今日は天気いいから散歩は気持ちいいぞ! 
 じゃあ後1時間したら俺の家に来いよ、それならいいだろ。それじゃあ、後で!」
  
ガチャッ....プープープー

という感じで、あまり乗り気じゃなく押し切られた感じですが、まあ相手が相手なので10時過ぎに彼の家に行ったら、元ボスはやる気満々です  でも以前彼の誘いに乗ってえらい距離を長時間サイクリングする羽目になったので、最初に遠出は勘弁してね!と釘をさしておきました。

でも結果的にこの山歩きというか散歩はすごーくよかったです。
(ちなみに途中までは自転車移動)
デジカメが相変わらず故障したままなので、画像でそのよさがお見せできないのはとても残念ですが、フライブルクの市街地から自転車で30分も走ればこんな素晴らしい光景が広がっているんだなぁーと。
元ボスの話によると、フライブルクぐらいの街の規模(人口約20万)がありながら街のすぐ外れにこれだけ豊かな自然があるのはそうそうない。彼の知る限りでは他の都市だとミュンヘンぐらいじゃないかなということでした。
それとフライブルクは結構裕福な人が住んでいるので、結構個性的な住宅も道すがらに建っているんですよね。こういう家を色々見て回るのもなかなか面白そうです。

ちなみに散歩しながら何を話しているかというと、(彼は庭園技師なのでその方面は知識も経験も豊富だから)植物や樹木についてやフライブルクの歴史、何故フライブルクは裕福な人が多いのか?とか、後はドイツ語についての質問等々です。

3時間あまりでしたけど、かなり気持ちのいい時間をすごせました。今度は一人でもあちこち巡ってみようかと思ってるんですけど、この寒さに打ち勝って外出できるかなぁー


あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



僕がドイツに来るときに語学関係、専門書関係以外にも何冊か本を持ってきたのですが、その中でこちらで何回読んでもそれなりに面白いなと思うものがあります。

それは 村上春樹著 「やがて哀しき外国語」 です。

村上氏は1991年の初めから約2年半にわたってアメリカのニュージャージ州プリンストンに住んでいて、その時代のことを書いた本ということです。

何を隠そう(?)僕は村上春樹ファンで、彼の作品(翻訳本以外)はほとんど持っています。ただ小説はこの頃ちょっと方向性が変わってきたせいか、読んでいて「うーん、ちょっとね」と感じないでもないですが、エッセイ、旅行記系は何回読んでも面白いなぁーと思います。

それで 「やがて哀しき外国語」 に以下のようなことが書かれています。


イタリアに住んでいたときには、町を歩く人が老いも若きもみんなそれぞれにお洒落をしていたから、僕もまわりにあわせてそれなりに服装に気をつかって生きていた。洋服の色を揃えたり、「今日はこういうところに行くからこういう恰好をしよう」というようなことを習慣的に考えたりしていた。「ローマにあってはローマ人のごとく振る舞え」という格言があるけれど、まさにそのとおりである。
でもアメリカにきたらもうぜんぜん駄目、服のことなんかほとんど考えたこともない。毎日毎日、そのへんにあるものをただ適当にのうのうと着ているだけである。しかし正直にいうと、こんなに楽なことはない。僕はもともと面倒なことが苦手な人間なので、こういう生活にはすぐにはまってしまう。


さて、イタリア、ローマ日本アメリカドイツ にすれば、まさに僕の今の状況。
フライブルクはドイツの地方&大学街ということで、学生も多くて街を歩く人は一部を除いて本当に地味で実用性第一、当然街に出ても何か買いたいなと思うものがないんですよね・・・だから自然と僕の着る服も、そこらへんにあるものを適当にという感じ。

あっ・・・・ 一部訂正。
買いたいものがありました、というより実際に欲しいと思っていて買ったもの。

それは下の画像のような 防寒着
image11333.jpg
実際買ったものは写真とは違います

いやぁー、最近急に寒くなっておまけに毎日自転車通勤しているから軽くて暖かい防寒着は必須! これは他の人が着ているのを見て是非欲しいと思ってたんですよ。
ちなみに日本から持ってきたちょっとおしゃれなコート系の上着はまるで出番なし  
だって、ちょっと重いし結構高かったから汚れるの嫌だし・・・
さすがにドイツはこういったアウトドア関係の実用品に限っては(?)品揃えがよく、価格的にも割安なので、なかなかお気に入りのものが買えました。
なぁーんだ、ドイツにもいいところあるじゃんねぇー



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



おかげさまで10,000カウント超えました!
今まで訪問してくださった方、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いしますね♪ m(_ _ )m ペコリ




さて、前回の記事 で既に書いたように 自転車無灯火走行につき罰金を払った のですが、ただそういった特殊な検問がある背景として、この街では自転車を利用する人がそれだけ多いという事があると思います。
そもそもフライブルクは平地が広がっていて起伏もそれほどなく、人口は20万人程度で街自体結構コンパクトに出来ており(街を抜けるとすぐに緑が一杯)、また日照時間がドイツの中では最も長い地域であり、雨もそれほど降らないといった理由から、自転車を利用する人が多いのだと思います。
更に自転車専用道路がよく整備されてあることも重要なポイントだと思います。

fahrradA.jpg

fahrradB.jpg

一見ごく普通の自動車道路の交差点のように見えますが、下の写真をよく見ると自動車の路線に混じって、自転車専用路線がちゃんと確保されているんですよね。
日本だと自転車は歩行者道路を走るのが普通ですが、こちらでは自転車は自動車専用道路もしくは自動車道路を走るのが一般的・・・というか、自転車道路を走る場合でも脇ではなく路線の真ん中を堂々と走っていたりするツワモノも少なからずいるんですよね。だから移動時間もそれだけ早いんです。
おまけに自動車だと一方通行標識に従わなくてはいけないんですが、自転車は別にそんなことお構いなし。ここはまさに自転車利用者にとってはまさに最高の街!!

ということで、フライブルクは ドイツの中でも自転車利用者が最も恩恵を受けている便利な街 ということらしいのですが、逆に自動車ドライバーからすると、自転車利用者のマナーはドイツでも確実に最悪の部類に入る だろうと、知り合いのドイツ人が言っていました。

まあ確かに 自転車>自動車 という暗黙の了解があるようで、いくら道路を自転車が我が物顔で走っていても、それに対してクラクションを鳴らす自動車のドライバーはほとんど見かけませんからね。ただじっと耐えるのみだから、ドライバーにしてみれば腹立たしいことこの上なしという感じでしょうね。

ちなみにこの街でよく見かけるのは以下のような自転車 ↓

technium-route66-med.jpg
これはまあ普通よりちょっと上等な自転車。でもこの街ではこういう自転車やマウンテンバイク、レース用自転車に乗っている人がかなり多いです。それだけ高性能な自転車に乗っているから、かなりのスピードで走っている人もちらほら見かけます。

Anhaenger-KiddyVan101-med.jpg
これは子供専用リヤカー(?) 大人用自転車の後部とこれをリンクさせるのですが、朝の通勤時間帯には子供を乗せた男性・女性がかなりの数走っています。
trailgator_med.jpg
まさに写真どおり大人用自転車の後部と子供用自転車を合体させたもの。1日数回ぐらいの頻度で見るかな・・・

あとちょっと変わった光景としては、自転車に乗った警察官。
日本でも確かに見られる光景ですが、日本の場合は ちゃりんちゃりん~ という感じのおばチャリに乗っているような平和な光景。
でもドイツでは自転車はロードレースでも走れそうな高性能自転車で、服装も警察官の制服ではなくレース用みたいな肌に密着した空気抵抗の少なそうもの。
これじゃあ、犯人も逃げ切れないだろうなぁー



なるほどねぇ~と思ったら、1クリックお願いします♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。