ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



国民性を語る時に、それを映画のワンシーンの台詞や仮定の話で例えたりすることがよくあります。僕が今までいくつかの話を聞いたのですが、その一つは映画・タイタニックバージョンです。

日本人・アメリカ人・イギリス人がタイタニックに乗船していて、船が座礁・沈没しそうになったけど十分な救助ボートがない! その時船長が子供・女性にボートを優先させて、男性は海に飛び込んで自力で生き延びて欲しい時に言った言葉。
イギリス人には 「あなたは紳士ですよね! ですから子供・女性の為に海に飛び込んでください!」
アメリカ人には 「あなたにはちゃんと保険が掛けれています。だから万が一の場合があっても家族にはちゃんと保険がおります。ですから飛び込んでください!」
そして日本人には 「男性はみんな海に飛び込んでいますよ! だからあなたも同じように飛び込んで下さい!」
この話は割と有名でしょうか!?

今度はヨーロッパ人の理想的な職業の組み合わせ?はという仮定の話です。
対象国民はイギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリアです。
まずは、最悪の組み合わが、
イギリス人:コック、フランス人:機械工、ドイツ人:警察官、スイス人:恋人、イタリア人:組織のトップ
一方最高の組み合わせはというと、
イギリス人:警察官、フランス人:コック、ドイツ人:機械工、スイス人:組織のトップ、イタリア人:恋人

この話の背景は以下のような事だと推測するのすが。 イギリス人は紳士で犯罪者に対しても寛容に接してくれそうだけど、いかんせん料理はまずい。 フランス人は芸術・文学・料理などのセンスはあるけど、機械系にはめっきり弱そう。 ドイツ人は戦時中のイメージからすごく厳格な警察官というイメージがあるけど、機械には強そう。 スイスは小国でありながら国際的な有名な銀行や薬品などの企業があり組織運営は優れていそうだけど、恋人にするにはなんとも地味でつまらなそう。 そしてイタリア人は情熱的で綺麗な恋人にピッタリのイメージだけど、仕事はかなりいい加減にやりそう。

当然すべての国民性を以上のような例えにはめ込むのはどだい無理な話ですが、多くの人が○○人は×××だからという偏見は少なからず持っているような気がします。確かに例え話を聞くと、そうかもと思ってしまうのですが、皆さんはどうでしょうか・・・



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:雑感 - ジャンル:海外情報



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。