ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日のブログでドイツ人の友達が日本に戻ってしまったと書きましたが、彼と会話するときは当然ドイツ語と日本語です。比率で言うと7:3でドイツ語の方が多いという感じだったでしょうか。
といっても彼は既に2年間日本に住んでいただけあって流暢な日本語を喋れるんですけどね。ただ僕自身外国人と日本語で会話するという事が何故か不自然な気がするのと、やはりドイツにいるのでドイツ語で話しかけてしまうんですよね。日本にいれば日本語がメインとなるかもしれませんが。

そもそも日本語を十分操れる外国人に日本以外でそうそう出会うものでないし、僕たち日本人は外国人が日本語を話すことをほとんど期待していないと思うんですよね。普通であれば英語でコミュニケーションをとるのが一般的だと思うのですが。
加えて日本語ってどんな言語体系なの?ということを説明する機会は今まで何度となくあったのですが、まず文字からして 「カタカナ」 「ひらがな」 「漢字」 の3種類があり、 「カタカナ」 「ひらがな」 がそれぞれ46文字(でいいんですよね?)、 「漢字」 については常用漢字だけでも約2000文字ある訳で、それを話すと誰もが目を丸くするんですよね。英語のアルファベットは26文字、ドイツ語でも30文字なので、日本語は覚える事がいかに多いかが分かります。
だから、日本語をこれから学びたいなという人がいても、日本語を覚えようとしてくれるのは嬉しいけど、覚えるのに時間がかかりすぎるから止めといた方がいいよとついつい言ってしまうのです。

ちなみに日本語をかじった事がある人達(もちろん外国人)が口をそろえて言う事は、日本語の発音自体は結構簡単だ! ということです。
発音が簡単というのはちょっと意外な気がしたんですが、知り合いの日本人(声楽専攻の人)の話によると、日本語は口先だけ使えば発音出来るけど、ドイツ語などは顔の筋肉や喉を使わないと正しい発音出来ない らしいです。その事が日本人がヨーロッパ系言語の発音を苦手とする原因の一つなのかもしれませんね。
あと当然ながら書くのと読むのは相当難しいと言っていました。日本語初心者にとっては漢字は文字としてではなく記号としか認識出来ないようですし。
ドイツ人の友達は2年間で600~700文字の漢字が読めるようになったそうですが、書くとなるとその数もうんと減ってしまうとのこと。ただ常用漢字だけでも約2000文字もあるので、彼自身まだまだ日本の新聞や雑誌を読めるレベルではないと言っていました。
彼が新聞を読めるようには後どのくらい時間がかかるのでしょうかね? 
興味深いところではあります。
あともう一つ気になるのが、日本人は平均どれぐらいの数の漢字を知っているのでしょうか? 何方かご存知ですか?



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:語学 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。