ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



僕は学生時代から今に至るまでの約10年ぐらいの間にヨーロッパを中心に約20ヶ国以上旅してきました。具体的に挙げると・・・

<アジア> 台湾、香港、ベトナム、シンガポール
<中近東> トルコ、シリア、ヨルダン、イスラエル
<ヨーロッパ> イギリス、アイルランド、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、ハンガリー、チェコ、ドイツ、オランダ、デンマーク、スウェーデン、フィンランド
<北アメリカ> カナダ

旅行する時は大概1人でバックパックを背負って、事前に往復の航空券だけは確保して、宿(主にユースホステル)は現地で手配しながら色々な都市を周ってきました。大半の国は学生時代に行ったのですが、あの頃はまだ若くて好奇心旺盛で体力もあったから、例えば夏場に長距離バスに80時間以上乗ってカナダのバンクバーからトロントまで大陸横断するという、今思えば疲れるだけの結構無意味な旅をしたり、イスラエルのパレスチナ人自治区などちょっと危ない所にも行ったりと、今なら絶対しないようなことも平気でやっていました。
最近はもうそんな気力もすっかり失せてしまい、今度どっか行くなら海の綺麗なリゾート地でゆっくり過ごしたいなーと思う今日この頃です .... (^-^;

それで、今まで旅した国や街で今でもすごく印象に残っている所と言うと アイルランドプラハ です。どちらも6,7年前に行ったので今では随分変わっているかもしれませんが、すごくいい印象を持っています。
アイルランドは1週間以上かけて全体をぐるりと旅をしたのですが、遠くまで続くなだらかな緑の丘の間をバスで移動するのはなんとも気持ちがよく、牧場の馬はのんびりと草を食んでいて、現地で買ったU2やエンヤ(共にアイルランド出身)の曲を聴きながらそういった光景を眺めるのは本当に素敵な時間でした。また本場のギネスビールは日本のとは全く別物というぐらいクリーミーでこくがあっておいしく、アイルランド西部にあるアラン島は島全体が岩でゴツゴツしていて風も強くまさに大自然の荒々しさを感じることができ、とにかく素朴な分だけすごく強いインパクトがありました。またここでは色々な素敵な人との出会いがあったといのも個人的にいい印象を持っている理由だと思います。

そしてプラハですが、当時はベルリンの壁が崩壊した後で共産主義からの脱却を図っている時でしたが、まだその名残も残っていました。街自体はそれほど大きくはなく1日中歩き続ければだいたいは見て回れるという規模だったと思いますが、そのぐらいの大きさの街は個人的に一番好きで、ひたすら歩きまわっていました。また街の建物は中世の趣を残していて、細い路地が街の中に張り巡らされていて、所々に素敵なボヘミアグラスのお店や雑貨店などあり、日本や欧米の大都市は全く異なる雰囲気を漂わしていました。やはり伝統的な息づく街は本当に素敵ですよね。

学生時代はバイト代のほとんどを旅行代につぎ込んでいたような気がしますが、形として残っているものは写真や美術館のパンフレット等しかありませんが、でも心の中にすごくいい思い出が残っているので、色々な都市を旅することが出来てよかったなと思っています。もしその時旅行していなかったら、今ドイツにいることもなかったでしょうしね・・・



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:雑感 - ジャンル:海外情報



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。