ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



少し前の話になりますが、先週の水曜日に サッカー親善試合ドイツvsオランダ が行われて結果は 2:2の引き分け でした。結果だけ見れば強豪同士の試合だからまあ妥当なスコアと思われるかもしれませんが、僕は実際この試合をテレビで見ていたので、ドイツ代表の悲しい現状を見てしまいました。

この試合についてサッカーコラムニストの安藤さんは以下のように書かれています。(http://number.goo.ne.jp/soccer/world/europe/20050823.html


オランダとの親善試合。ドイツは速さとパスワークの巧みさで攻め込んでくる隣国相手にまったく歯が立たなかった。多くの時間帯でサンドバッグ状態が続いたのはDF陣の弱さが原因だった。例によって3トップのオランダは左右に快速のウインガーを配置し、シュナイダー、フリードリッヒ、ベルンスを圧倒する。ヨーイドンで一緒にスタートしても、多少の距離的優位があっても、前半は右に、後半は左に入ったロッベンが難なく突破してしまうのだ。こちらも4バックで対抗したが、DFのわずかな隙間を狙って次から次へとオランダが絶好のパスを通す。1-0で終えた前半だったが、決定機を逃さなければ4-0でもおかしくなかった。
コンフェデ杯でも指摘された脆弱なDF陣。戦犯扱いされたフートは途中出場だったものの、ヒンケル、メルテザッカーを含めたこの6人では、誰を起用しても強豪国の攻撃は防げないだろう。センターから攻められる場合はMFが早めの防波堤を築いてくれる。だがサイド攻撃になると守りの人数が足りなくなり、マーカーの足の遅さがチームに致命傷をもたらす。そんなシーンを何回繰り返し見せつけられたことか。

(途中省略)

対敵動作が鈍く、走力が劣りステップワークが未熟というドイツDFの弱点をオランダは最初から見抜いていた。ブンデスリーガは開幕戦の9試合で32ものゴールが生まれた。世界でも稀に見る多さだ。しかしこれは反面でDFの頼りなさを証明していることではないのか。ゲームを作り出すテンポが遅いこともオランダを図に乗らせた格好だ。試合結果は2-2の引き分けだったが、内容的には大人と子供の違いがあった


僕もこの意見には全く賛成です。僕はサッカーにそれほど詳しくないですが、まずボールを扱う技術に関してはオランダとでは雲泥の差がありました。安藤さんはDFの頼りなさを挙げてみえましたが、MF、FWも全く同様だと思います。なにしろドイツの選手が個人技で突破する場面というのはほとんど皆無に等しかったし、逆にオランダのロッベン(チェルシー所属)などはまさに 「チョウのように舞い、蜂のように刺す」 という表現がぴったりするくらいすごいドイツのディフェンスの間を自由に動いていました。チェルシーの監督モウリーニョがロッベンを絶賛するわけが本当によーーく分かります。
前半終了後のテレビ解説者の話でも 「ドイツの選手は1対1では勝てないのだから2,3人で囲みにいかないと! 攻めるのも同じで1人では突破できないのだから、うまく周りと連携しないと!」 (だいたいこんなような事を言っていたと思います、うすら覚えですが)と、もうどうしようもないね!とお手上げ状態の雰囲気でした。

基本的にドイツのサッカーはゲルマン魂という言葉に象徴される最後まであきらめない精神力と体力にものをいわせた当たりの強さが武器だと思うのですが、オランダのような同等の体格を持つチームだと、あとは精神力でカバーするしかない状態なのです。まあ日本などのような体格が劣る相手ならば、まず当たり負けすることはないので、スピードがなくても対処できるのでしょうが。
ドイツ代表は確かにコンフェデレーションズカップでブラジル、アルゼンチンにつぐ3位という成績を残しましたが、今回の参加国の中で本当の競合と言われるブラジル、アルゼンチンには結局勝っていないんですよね。おまけに世界の本当の強豪国と言われるところにも勝てていないですし。

今回の試合ではコンフェデレーションズカップの時に活躍したポドルスキー(FCケルン所属)とシュバインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン所属)のともに20歳前後のスピードのある有望な若手が怪我で出場していなかったというのが、ささやかな希望ではあるかもしれませんね。



なかなかおもろいやん! ご褒美あげるわ!
→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。