ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



おかげさまで10,000カウント超えました!
今まで訪問してくださった方、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いしますね♪ m(_ _ )m ペコリ




さて、前回の記事 で既に書いたように 自転車無灯火走行につき罰金を払った のですが、ただそういった特殊な検問がある背景として、この街では自転車を利用する人がそれだけ多いという事があると思います。
そもそもフライブルクは平地が広がっていて起伏もそれほどなく、人口は20万人程度で街自体結構コンパクトに出来ており(街を抜けるとすぐに緑が一杯)、また日照時間がドイツの中では最も長い地域であり、雨もそれほど降らないといった理由から、自転車を利用する人が多いのだと思います。
更に自転車専用道路がよく整備されてあることも重要なポイントだと思います。

fahrradA.jpg

fahrradB.jpg

一見ごく普通の自動車道路の交差点のように見えますが、下の写真をよく見ると自動車の路線に混じって、自転車専用路線がちゃんと確保されているんですよね。
日本だと自転車は歩行者道路を走るのが普通ですが、こちらでは自転車は自動車専用道路もしくは自動車道路を走るのが一般的・・・というか、自転車道路を走る場合でも脇ではなく路線の真ん中を堂々と走っていたりするツワモノも少なからずいるんですよね。だから移動時間もそれだけ早いんです。
おまけに自動車だと一方通行標識に従わなくてはいけないんですが、自転車は別にそんなことお構いなし。ここはまさに自転車利用者にとってはまさに最高の街!!

ということで、フライブルクは ドイツの中でも自転車利用者が最も恩恵を受けている便利な街 ということらしいのですが、逆に自動車ドライバーからすると、自転車利用者のマナーはドイツでも確実に最悪の部類に入る だろうと、知り合いのドイツ人が言っていました。

まあ確かに 自転車>自動車 という暗黙の了解があるようで、いくら道路を自転車が我が物顔で走っていても、それに対してクラクションを鳴らす自動車のドライバーはほとんど見かけませんからね。ただじっと耐えるのみだから、ドライバーにしてみれば腹立たしいことこの上なしという感じでしょうね。

ちなみにこの街でよく見かけるのは以下のような自転車 ↓

technium-route66-med.jpg
これはまあ普通よりちょっと上等な自転車。でもこの街ではこういう自転車やマウンテンバイク、レース用自転車に乗っている人がかなり多いです。それだけ高性能な自転車に乗っているから、かなりのスピードで走っている人もちらほら見かけます。

Anhaenger-KiddyVan101-med.jpg
これは子供専用リヤカー(?) 大人用自転車の後部とこれをリンクさせるのですが、朝の通勤時間帯には子供を乗せた男性・女性がかなりの数走っています。
trailgator_med.jpg
まさに写真どおり大人用自転車の後部と子供用自転車を合体させたもの。1日数回ぐらいの頻度で見るかな・・・

あとちょっと変わった光景としては、自転車に乗った警察官。
日本でも確かに見られる光景ですが、日本の場合は ちゃりんちゃりん~ という感じのおばチャリに乗っているような平和な光景。
でもドイツでは自転車はロードレースでも走れそうな高性能自転車で、服装も警察官の制服ではなくレース用みたいな肌に密着した空気抵抗の少なそうもの。
これじゃあ、犯人も逃げ切れないだろうなぁー



なるほどねぇ~と思ったら、1クリックお願いします♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。