ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



僕がドイツに来るときに語学関係、専門書関係以外にも何冊か本を持ってきたのですが、その中でこちらで何回読んでもそれなりに面白いなと思うものがあります。

それは 村上春樹著 「やがて哀しき外国語」 です。

村上氏は1991年の初めから約2年半にわたってアメリカのニュージャージ州プリンストンに住んでいて、その時代のことを書いた本ということです。

何を隠そう(?)僕は村上春樹ファンで、彼の作品(翻訳本以外)はほとんど持っています。ただ小説はこの頃ちょっと方向性が変わってきたせいか、読んでいて「うーん、ちょっとね」と感じないでもないですが、エッセイ、旅行記系は何回読んでも面白いなぁーと思います。

それで 「やがて哀しき外国語」 に以下のようなことが書かれています。


イタリアに住んでいたときには、町を歩く人が老いも若きもみんなそれぞれにお洒落をしていたから、僕もまわりにあわせてそれなりに服装に気をつかって生きていた。洋服の色を揃えたり、「今日はこういうところに行くからこういう恰好をしよう」というようなことを習慣的に考えたりしていた。「ローマにあってはローマ人のごとく振る舞え」という格言があるけれど、まさにそのとおりである。
でもアメリカにきたらもうぜんぜん駄目、服のことなんかほとんど考えたこともない。毎日毎日、そのへんにあるものをただ適当にのうのうと着ているだけである。しかし正直にいうと、こんなに楽なことはない。僕はもともと面倒なことが苦手な人間なので、こういう生活にはすぐにはまってしまう。


さて、イタリア、ローマ日本アメリカドイツ にすれば、まさに僕の今の状況。
フライブルクはドイツの地方&大学街ということで、学生も多くて街を歩く人は一部を除いて本当に地味で実用性第一、当然街に出ても何か買いたいなと思うものがないんですよね・・・だから自然と僕の着る服も、そこらへんにあるものを適当にという感じ。

あっ・・・・ 一部訂正。
買いたいものがありました、というより実際に欲しいと思っていて買ったもの。

それは下の画像のような 防寒着
image11333.jpg
実際買ったものは写真とは違います

いやぁー、最近急に寒くなっておまけに毎日自転車通勤しているから軽くて暖かい防寒着は必須! これは他の人が着ているのを見て是非欲しいと思ってたんですよ。
ちなみに日本から持ってきたちょっとおしゃれなコート系の上着はまるで出番なし  
だって、ちょっと重いし結構高かったから汚れるの嫌だし・・・
さすがにドイツはこういったアウトドア関係の実用品に限っては(?)品揃えがよく、価格的にも割安なので、なかなかお気に入りのものが買えました。
なぁーんだ、ドイツにもいいところあるじゃんねぇー



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



ここフライブルクは今週に入ってから突然寒くなりました。(ドイツ全土でも?)
日中の最高気温が5度前後で、今朝はセントラルヒーティングで暖房を入れっぱなしにしていたにも関わらず起きたときに寒いなぁーと感じたんですが、案の定外には氷がはっていました。
ちなみに天気予報のサイト wetter.de の週間天気予報によると来週も引き続き寒くて、来週の木曜日は最高気温2℃、最低気温-2℃(体感気温-6℃)とか、もしかして初雪?
今日は太陽が照っていて気持ち1日でしたけど(ちなみに最高気温5℃らしいです)、普段はどんよりと雲が垂れ込めていて、気持ちまでどんよりとなってしまう。
この天候は本当にどうにかならないものかねぇ・・・


さて、今の会社で働き始めて1ヵ月半過ぎ、ようやく雰囲気には少しは慣れてきたけどまだまだおろおろする事ばかりです。そして当然ながらその主な原因はドイツ語力。
社長の言っている事を100%理解できることなんてそんなになく、8割がた理解できるくらいでその残りの分はその時の仕草や顔の表情、そして日本での会社時代の経験から推測して何が求められているのか考えている状態です。(もちろん必要に応じて聞きなおしたりしてますけど)
ちなみに彼のドイツ語は訛りがあって聞きにくい部分があるんだけど・・・
それは単なる言い訳かなぁ

そしてこの前、社長から言われたこと。
「君のドイツ語は日本語訛りだから、ビジネスをする上で支障になってくるから矯正した方がいいよ!」  そうですか・・・

その一方で、この前友達(ドイツ人)と話しているときに僕のドイツ語力の話になり、 「まだまだドイツ語だめだから、仕事終わってから家で勉強しないといけなんだよねー、あんまりしてないけど・・・」 と話したら、その友達は 「更に何を勉強するつもりなの? 今で十分じゃん!」 と言ってくれたりしているんだけど。

確かにこういう気楽な状況ではそんなには会話に困ることなく、適当にそれなりに喋ってるかも・・・・ でもやはり会社だと上下関係もあるし、 "du" じゃなくて慣れない "Sie" 使わなくちゃいけないし(つまり丁寧な言い方)、やはり幾分緊張して話すことも多いし、そうなると発音まで気を遣ってるほど余裕なし。(リズムよく話をすることも含まれるかな)

そうはいっても正しい発音は当然重要だし、発音と同様聞き手にとって違和感のないリズムで話すことが大切なのも間違いのないことなので、どうにかマスターしないとなぁーと。
それで、以前仕事の関係で知り合った通訳の女性(日本人)に 「どうやったら発音が矯正されますか?」 とメール送ったところ、 「個人的にはテレビのニュースを聞きながらシャドーイング(アナウンサーの言葉をそのままオウムがえしに繰り返すこと)したり、新聞を音読したりするぐらいかなぁー。本当なら大学の視聴覚機器などを使って矯正しておけばよかったんだけどね・・・・」 という返事をもらいました。
ちなみに彼女は同時通訳が可能なぐらいなので、あまりにレベルが違うんですけどね。

そしてネットで色々調べてみたところ、独力で発音矯正する場合だとやはり音読が重要だと共通して書かれています。あとは自分の音読したものを録音して、それをネイティブのものと照らし合わせて矯正する方法も有効的だと。

という訳で最近は 以前のブログ でも紹介しました "Deutsche Welle" を使って勉強しています。実際の内容はニュースのテキストと音源をダウンロードしてきて、CDで何回も聞きながら音読を繰り返す。(もちろん内容についても精読しながら)
しかしこうやって注意深くテキストと音を照らし合わせ聞いてみると、今まで自分が正しいと思って発音してきたドイツ語の単語は、実は間違っているということもあったり
ついで自分の発音を以前購入した携帯MP3プレイヤーで録音して聞いてみたり。今回それを初めてやってみたけど、自分の発音をこうやって聞きなおすのはなんか恥ずかしいものですね。
でも恥ずかしがっている場合じゃない! ちゃんと真面目にやらないと・・・

「効果的な外国語発音矯正方法」をご存知の方みえましたら、
是非教えてくださいね♪   お願いします m(_ _)m



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:語学 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。