ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今週の NIKKEI NET に以下のような国際記事が掲載されていました。


【パリ30日共同】
フランスのドヌデュードバーブル文化・通信相は30日、国営のフランス・テレビジョンと民放TF1が協力して新しい国際情報テレビ局を設立したことを明らかにした。フランス公共ラジオが伝えた。同国政府は、米CNNや英BBCと互角に張り合うテレビ局にしたい意向だ。

29日にドビルパン首相とTF1などが設立協定に調印した。欧州とアフリカ、中東に向けて2006年末までに放映を開始する予定。

国際情報テレビ局の設立は「フランス語の情報や映像の不足」を嘆いていたシラク大統領の悲願。大統領は約4年前から「BBCやCNNと競い合えるフランス語の国際情報局」の設立を訴えていた。

大統領はこの日の閣議で「重要なのは、フランスの価値観と世界観を広く伝えることだ」と強調。公的支援を惜しまない意向を示した。

引用記事アドレス : http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20051130DXKD100430.html


最近朝の出勤前に英語のリハビリを兼ねてCNN(テレビ)を見ているのですが、その時に思うのが国際ニュース報道の多彩さと量の多さです。もちろんホワイトハウス情報やイラク問題にはかなり力を入れてますが。
その点に関して言えばドイツの代表的なニュース番組(ZDF,N24など)は(国際的なニュース報道という点では)やはり劣ると言わざるを得ません。ましてや日本のNHKや民放などは言わずもがな。何か海外で事件があっても「日本人の犠牲者はいない模様です」と報道しただけで済ませてしまうことも多々ありますよね。
そういう中でフランスが国際的な放送局を設立しようとしているのは、アメリカやイギリスなどと張り合って国際的影響力を誇示したいフランスの意気込みと誇りが感じられます。成功するか失敗するかは分かりませんが。

ちなみにこのニュースについてのもう少し詳しい内容が Asia Media に掲載されています。まだざっとしか目を通していていないのですが、その記事中に以下のようなことが書かれていました。
今回設立される放送局の予算は 1.88億ドル(約226億円)に対して、CNNが 13億ドル(約1,560億円) 、BBCが 9.55億ドル(約1,146億円) で、「必ずしも予算が成功への決定的な要素ではないが、ニュースを集めるには大変なお金が必要であることはよく知られている」と。

予算面から見るとかなり見劣りがするようですね。

ちなみに日本ではNHKラジオが世界12ヶ国に日本語放送を行っているようですが、テレビではどうなのでしょうか・・・
日本も国連の常任理事国になるために色々活動しているようですが、そんな活動をするよりはその資金や活動を国際放送機関設立に向けたらどうかなのでしょうか。
ただ、さすがに世界全土をカバーするのは無理があるので、まずはアジア地域向けに英語による放送網を構築して、CNNやBBCなどのアングロサクソン系の視点とは異なるアジアの視点で報道できる機関を。また今後ますます中国が経済的にも政治的にも巨大化する中でそれに対抗する策の一つとして、情報を握るというのも一つの手だと思います。
以前どこかで 「情報を一番多く発信する者に、情報が一番集まってくる」 というような内容の言葉を聞いたことがあるのですが、日本もそれをするべきじゃないでしょうか。

ちなみにその設立予算は日本の国連分担金(3.464億ドル、分担率19.5%、世界2位)を削減して捻出するのはありでは? そもそも国連でほとんど発言権、決定権もないのに、実質世界で一番資金を拠出しているのはどう考えても納得がいかない。(アメリカは22%を負担しているが滞納している)

国連予算分担金・分担率については 外務省のHP に掲載されています。



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

スポンサーサイト

テーマ:政策 - ジャンル:政治・経済



海外旅行に結構行かれている方は自分なりの航空会社評を持っていると思いますが、3日のYahoo New!で世界の航空会社ランキングが一部が発表されており、気になったのでそのリンクをたどって Zagat Survey による 報告書(PDF) を読んでみました。
その内容はというと、以下のとおりです。
(正確な詳細情報は報告書をダウンロードして読んで見てください)

☆調査項目☆
快適性、サービス、食事、Webの充実度

☆評価ポイント☆
0~9 : 不十分~普通
10~15 : 普通~良
16~19 : 良~大変良い
20~25 : 大変良い~素晴らしい
26~30 : 並外れ素晴らしい~完璧

☆総合評価(エコノミークラス)☆
24point : シンガポール航空 (Singapore Airlines)
21point : エミレーツ (Emirates)
20point : キャセイパシフィク (Cathay Pacific)
19point : 全日空 、タイ航空 (Thai Airlines)、マレーシア航空 (Malaysia Airlines)
18point : 日本航空、バージン・アトランティク (Virgin Atlantic)、ニュージーランド航空 (Air New Zealand)、オーストリア航空 (Austrian Airlines)

☆快適性(エコノミークラス)☆
22point : シンガポール航空 (Singapore Airlines)
19 point : エミレーツ (Emirates)

☆サービス(エコノミークラス)☆
26point : シンガポール航空 (Singapore Airlines)
23point : キャセイパシフィク (Cathay Pacific)、エミレーツ (Emirates)、全日空

☆食事(エコノミークラス)☆
23point : シンガポール航空 (Singapore Airlines)
20point : エミレーツ (Emirates)、キャセイパシフィク (Cathay Pacific)

☆Webの充実度☆
21point : コンチネンタル航空 (Continental Airlines)、アメリカン航空 (American Airlines)
20point : バージン・アトランティク (Virgin Atlantic)

☆各社詳細☆ 
( 快適性 - サービス - 食事 - Web )
シンガポール航空 (22-26-23-19)
日本航空 (15-22-18-15)
全日空 (18-23-18-17)
ルフトハンザ航空 (Lufthansa) (15-18-15-17)

ちなみに最低評価をもらっているのは以下の各社
(ざっと見ただけなので、間違っていたらゴメンナサイ)
アエロフロート航空 Aeroflot Russian Airlines (10-9-7-7)
オリンピック航空(ギリシア)(Olympic Airlines) (10-10-9-7)

やはりというか、シンガポール航空はWebを除くすべての点においてトップでしたね。
僕も一度乗ったことがありますが、サービスと食事は本当によかったですね。個人的に一度乗ってみたいと思うのは、Emirates,Virgin Atlantic,SASでしょうか。ただ10時間以上も飛行機の中でじっとしているのはあまり楽しいものではないですがね。

ちなみにこの報告書には各航空会社に対してのコメントが載っているのですが、かなり率直に書いてあって面白いですよ。興味のある方は読んでみてください。



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。