ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



事務所での仕事をするようになって気なること。
それは 照明の明るさ です。

欧米人はアジア人などと比べると夏の強い日差しに対しては強くないけれども、逆に僕らにとって薄暗いと思えるようなところでもさほど気にすることなく作業が出来るということを聞いたことがあります。
ということで、うちの会社の人達もやはりその種類に属するらしく、夕方暗くなってきても進んで照明をつけようとしません。たいがい僕がいつも照明をつけることになるのですが・・・
僕の子供頃なんて暗いところで本とか読んでいると、「目が悪くなるからちゃんと明かりをつけてやりなさい!」と親からよく言われたものですが。

ということで、それにまつわる新聞記事をご紹介。

日本人と蛍光灯

欧米では、オフィスなどには直管型の蛍光灯が使われることもあるけれど、一般家庭では白熱灯がほとんどで、まず蛍光灯は使われないそうだ。そういえばハリウッド映画の家族のシーンで蛍光灯を見たという記憶がない。
いっぽう日本のドラマや映画では、1人暮らしの部屋でスイッチをひねると、ちょっと瞬いて点灯する蛍光灯が、寒々とした孤独感の演出にもよく使われる。ああいう、丸型蛍光管が二重になったペンダント型の照明器具は、日本独特のものなのだ。
もちろん電力の節約という大きな理由もあるだろう。しかしそれだけだろうか。日本の夜は明るすぎるという指摘は時々聞く。まるで蛍光灯の王国のようなパチンコ店やコンビニを筆頭に、この国の街路は深夜までひどく明るい。
(途中省略)
ひよっとすると、これは「光」というものへの感性や認識の違いによるものではないだろうだか。欧米人にとっての光は、おそらく「神のまなざし」と同じことで、点光源が基本にある。ランプや蝋燭がそうだし、シャンデリアにしても点光源の集まりだ。点光源からまっすぐ放射される光が、遠近法のようにして個人を立体的に照らすこと。つまり光とは、神と個人を結びつける、大切な媒体なのではないか。
いっぽう日本では、障子、行灯、提灯の昔から、面光源が基本にある。これは、それこそ多神教的に、あらゆるものが光源となって光を放つという発想がどこかにあるのではないか。
(途中省略)
というような、たいへんに高度な比較文化論を、イベントから帰宅して考えていたら、家人いわく、「だって日本の熱帯夜に白熱灯じゃ暑苦しいでしょう」
なるほど、昨今の寝苦しい夜には、蛍光灯のほうが涼しげだ。真実は思想ではなく生理に宿るということか。考えすぎは日本人の、いや私の悪い癖かもしれない。



色々御託を述べられるより、蛍光灯のほうが涼しげで蒸し暑い日本向きだといわれると、確かにその通りかなと思ってしまいますよね。
ちなみに僕の部屋にも家にも全く蛍光灯は存在しません。以前IKEAで照明器具を見てたのですが、日本のような蛍光灯タイプの明々とした器具は一つ置いてありませんでした。
まあ慣れてしまうとそういうものかなと思ってしまうんですけどね。


たまには 1クリック していってくださいね♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。