ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この年末年始に久しぶりに日本に戻るのだから、2週間という短い間だけど友人・知人と会う予定をビシバシ入れるぞー!と思っていました。でも実際日本に帰ってみると、人に会うのも結構疲れるものだし、別に5年10年と会えないわけじゃないから、今回は別にそんなに無理して会うこともないかぁーと思ってしまったのでした。
それに友達・知人が各地に分散しているものだから余計にその気持ちが強くなり、あとは交通費の問題もあって、結局は地元と名古屋が行動範囲でした。それと関空経由で帰ったから大阪とね。

それで今回一時帰国するにあたって、今後のことをどうするか(つまりこのままドイツに居続けるかどうか)を考えなくちゃいけないなぁーということが頭にあったのですが、今回は2人の友人からかなりのヒントをもらいました。

1人は僕が会社員時代に一緒に英語のプライベートグループレッスンを受けてた友人で、彼女は昨年秋に英国で大学院修士課程を終えたばかり。お互い海外生活を身をもって体験している者同士だから、その部分に関して語らずとも理解しあえるし(でも実際は「ねぇー聞いてよー、私の住んでたところでは・・・」等々彼女の口は絶好調だったのですが 、それを踏まえてのアドバイスだったから(つまり私があなたの立場だったら今後はどうするかという意見)、素直にそうだよなと思えるものがありました。

そしてもう1人は大学時代の友人。彼とは同じ工学部で(学科は違ったけど)、準硬式野球部で一緒にやっていて、夜になると必ずお誘いの電話をしてきたまさに悪友!(しかし今では真面目なサラリーマン) 僕がドイツに来てからもメールとか電話とかしているから、この10年ぐらいの僕の考えた方や変化について一番よく理解している友達です。
彼とは電話で話しただけだったのですが、彼に真っ先に言われたことが 「俺があれこれ言える立場じゃないけど、おまえも大分考え方が丸くなったよなぁー、アグレッシブじゃなくなったよね」 と。
もちろんこれは色々な意味が含まれての発言なのですが、ようはドイツに行く前はもっと野心を持っていたというか、理想主義的な感じだったけど、今は現実主義路線で(ドイツでの)周りに歩調を合わせてという守りに入っている傾向にあるということ。

そういう風に言われてると、 「そんなこと海外に実際に住んでみないと分かりっこないよ。だってそうしなきゃドイツで生活していけないから、しょうがないじゃん!」 と反論したくなるのですが(実際反論したし、当然ながら彼もそのことは理解しているのですが)、でも確かに彼の言っている事ってかなり痛いところをついているのも確かなんですよね、悔しいけど。
でもよくよく考えてみると、これっていうのは実はドイツに住んでいようが日本に住んでいようが、あまり関係のないことなのかなと思ったり。ドイツに生活しているからと言うのは単なる言い訳なのでしょうね。

ということで今年の目標が決まりました!
「初志貫徹、アウトロー路線を貫く!」

今回の記事を読んで、なんのこっちゃ? と思われる方も多いでしょうね。
でもたまには完全に自己満足の記事でもOKでしょ!?


なんとなく分かるような気がする!と思ったら、1クリックしてね♪

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。