ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の記事にも書いたように、荒川静香選手の金メダルに感動したわけですが、それから 「なぜオリンピックという大舞台であれほどの気高さと優雅さを兼ね備えた演技ができるのか?」 ということが気になって、色々とネット検索してました。

元々トリノオリンピック自体にそんなに興味がある訳でもなかったし、フィギュアスケートも別に・・・という感じだったので(安藤美姫選手の名前を「みき」ではなく「みひめ」だと最近まで勘違いしてたくらい)、荒川選手の経歴などはもちろん知る由もなし。
で、、、記事などを読んでいると、やはり小さい頃から天才小女と騒がれ秘めた潜在能力はすごかったけど、その後は本当に大変な道のりだったようですね。

新弥のDAYS' という記事に、
「いずれにしても荒川は「積み重ねた」ものでスルツカヤと勝負して勝ったのだ。立派だった。すごいことだ。」
と書いてあったのだけど、つまるところそういうことなんだなと思った。
どのくらい「積み重ね」をすればあれほどの演技が出来るかは見当もつかないけど、改めて「地道な努力」が何にもまして大事なんだと実感した次第です。

そしてあとは「運」なんでしょうね。
eurosport.com の記事に
"At the end as the crowd cheered, Arakawa beautifully bowed her head with her hand on her chest, a far cry from the air punches that usually go with a spectacular performance.
Arakawa skated to "Nessun Dorma" from Puccini's opera Turandot which ends with the tenor singing "Vincero!" or "I will win!" in Italian."

とあったけど、彼女が今回選曲したPuccini "Turandot" の最後の締めがイタリア語 "Vincero!"(私は必ず勝つ!)で、偶然にもオリンピックの開会式でこの曲が使われていたんですね。
まさに神の見えざる力とでも言うんでしょうか・・・


ちなみに個人的なことだけど、ドイツに来て最近特にすごーく大切なんだとよーく思うこと。
それは「地道な努力」・・・
僕は個人的にそれを「種まき、種まき」と言ってるんですけど。
つまり、いつ芽が出るわからないし、もしかしたら芽が出ないかもしれないけど、でもとにかくせっせとあちこちに種を埋めこむと。
これは性格的に苦手とすることなんだけど、でもドイツで外国人としてある意味生き残っていく為には、嫌でもしなくちゃいけないことだと個人的には思ってます。

だから今回「積み重ねた」ものが金メダルを生み出したという事実は、そういう意味でも感動できることだったのかなと・・・  もちろん、僕のやっていることなんてまだ全然のレベルだから、もっと日々精進あるのみですがねぇー


コメント、トラックバック、リンクお待ちしてます!

スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ


感動しました!
荒川静香 金メダル!
今日初めてトリノオリンピックをじっくり見たけど、(全くの素人目からは)荒川静香はまさにフィギュアスケートの王道を堂々と進み、それをパーフェクトに演じきったという印象。今日の演技だけを見れば他の選手とは器が違うように感じた。
当然日本人だからどうしても感情移入してしまうけど、でもあれほどの気高さと優雅さを兼ね備えた演技をしたら、誰も文句も言えないだろうなと・・・ こちらのテレビ放送のアナウンサーも彼女を絶賛していたし。

すごいね、どうしたらあの強靭な精神力と堂々とした振る舞いができるんだろう。
そして久しぶりに聞く君が代、いいもんだね。
なんかじーんときました。
やはり日本人だもんね。



コメント、トラックバック、リンクお待ちしてます!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


「好きな女優さんやタレントは誰?」
と聞かれても、絶対にこの人!と熱をあげるような人は今までいなかったように思う。
あえて言うならこの人かな・・・というぐらいのレベルで、もちろん写真集を買ったりポスターを貼ったりなんて一度もないし。
なぜ突然そんなことを思ったかというと、、、、


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


前回のネガティブな記事に温かいコメント、言葉を頂きましてありがとうございます。
そのお陰もあり、下降気味のバイオリズムが反転、急上昇です! Vielen Dank!!

しかーーし、、ええぇと、、、 今朝の目覚めは最悪。
頭痛はするし、吐き気は少しするし・・・・
完全な二日酔いです(苦笑)

昨日仕事が終わってから Kneipe(大衆向けバー)で、前の職場のボスと日本人の友達(2人とも先日ドイツに戻ってきたばかり)と飲んでました。元ボスはドイツで僕が最も信頼を置いている人の1人でもあるから、会話がドイツ語でも全くノープロブレム! 
調子にのって、久しぶりに浮遊感を少し感じる程飲んじゃいました。
といってもビール2Lぐらいだから、それほどの量じゃないけど、しばらく飲まないうちに虚弱体質になってしまったようです・・・ 学生時代は体育会系だったから、優勝カップでイッキ!なんてしてたんだけどだなぁー、今やったらあの世だね!

ということで、公約どおり(?)アルコールを体に十分染み込ませてきました。
さて今日も飲みに出歩くかなぁー♪

そして昨日もう一つよいことがありました。
今度は犬にでも一目惚れしたか?

・・・・・

・・・・

・・・

いえいえ、違いますよ~!
(でも、ドイツはちゃんとしつけが行き届いた犬が多くて、見ていて本当に微笑ましい)

昨日会社の社長から突然、
「これまでやってきた仕事の評価として、少しだけど一時金を支給するよ」
と言われました!  やったね♪

今の職場では基本的は無給での労働契約だし、僕もドイツの会社で仕事が経験できるなら、丁稚奉公みたいな感じでもいいかなと割り切って働いていたけど、思わぬ提案に返事も 「ありがとう」 ぐらいしか思いつかなかった。

世の中色々な評価の仕方があって、お金だけじゃないことも多々あるけど、でも仕事の場合は「実力評価=お金」という部分が大きいのも否定できない事実。
ということで素直に嬉しいです♪

「世の中そんなに悪いことばかりじゃないねぇー」 と実感できる一週間でした。謝謝!


コメント、トラックバック、リンクお待ちしてます!

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報


「人の幸せって何だろう?」とふと思うときがあるのですが、最近その言葉が度々頭の中をよぎります。どうもバイオリズムが下降モードになってきたもよう。

昨日はDBやフライブルク市などが絡んだイベントがあり、今回はうちの会社がその中核的な業務を担い、僕もそれに借り出されて、日頃履き慣れない革靴でほぼ一日中あれこれと走り回って(ようはパシリ)、かんなり疲れて20時早々にダウン。
以前のブログにも書いているように、最近特に仕事疲れまくり。頭の容量が少ないから、ちょっと難しい事をドイツ語で考えると、すぐに頭がオーバーヒートしちゃうし。英語の勉強も毎日コツコツやってたのが、ここ1週間ぐらい2日に1回となり、就職書類の準備も全然進んでないし。なんか駄目駄目モード。
週末はさすがに時間的に余裕ができるけど、平日も頑張って、その上週末も頑張らなくちゃいけないのかよと思うと、なんか虚しくなってくるし、「でも週末にやらなくていつ出来る?」という心の声にプレッシャーも感じながら、でも結局いつのまにか日曜の夜になってるし。

「ここまで自分を追い詰めて色々とやって、結局何になるの? 今でも十分頑張っているじゃん」と思ったり、でも残された時間だけは刻々と少なくなっていく。この何とも言えない微妙な緊張感、、なんだかねぇー・・・・。

そういえば昨秋に結構長く続いた恋も終わり(僕の意思だから文句は言えないけど)、それ以来心トキメクこともあんまないし、正月の一時帰国から戻って以来外食もほとんどしてないし(ビジネスランチは結構あるけど)、なんか心が枯れてしまってるんだな・・・・

「うーん、久々に恋でもしてみるか!?」と思ったら、車の "Alfa Romeo Brera" にぞんこんかよ・・・ いけてなっ!

まずはお手軽な所で、飲みにでも行くかなぁー、「この週末どう?」というお誘いも何人かから声をかけてもらってることだし。久しぶりに体にたっぷりアルコールを補給してやるかなぁ



コメント、トラックバック、リンクお待ちしてます!


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報


まさに一目惚れ・・・ 
すっかり恋に落ちてしまいました。
名前は "Brera" イタリア出身です。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報


今日やっと仕事が終わり、やっと週末。
でもこの1週間も本当にあーーっという間にすぎてしまった感じだった。気づいたらこの1週間何してたんだろうと思ってしまうぐらい。
朝から会社に行って仕事して、帰宅してからご飯食べて、先月から始めた英語の勉強をして(現在45テーマ終了、しかし目標の2月末終了はなかなか厳しそう・・)、ネットして、少しだけ就職関係の事をして、10時過ぎにはもう眠くて眠くて就寝。
それ以外はほとんど何もしてないし、、、、本当終わってます。
それに朝起きるのも早かったりするし・・(こんな感じ↓)

uhr.jpg

それで今日7時前ぐらいにやっと仕事が終わって帰ろうとすると、突然社長から呼び止められて、「今後は俺のことは "du" でいいし、ファーストネームで構わないから」と言われた。
今までずっと敬称の "Sie" と "Herr" を使っていたんだけど、ようは少しは仕事が認められて一緒に仕事をしているパートナーとして認識されるようになったということか!?
なんかちょっと嬉しかった。

それでちょっと買い物にと街の中心部を歩いていたんだけど、「俺もまあ色々あったけど、よくここまで頑張ってきたよな」 なんてことをふと思ってしまった。
何なんでしょうね、この気持ち・・・。
金曜日の夜が仕事からも少し解放されて、一番心が穏やかになれる時なのかな。


1クリック お願いします♪ → 人気blogランキング

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報


以前の記事で、最近は市内電車で通勤をしていると書きましたが、その乗車時間に携帯MP3プレーヤーで聴いている音楽は "U2  The Best of 1980-1990" です。
このアルバムはかなり思い入れがあるのですが、というのも学生時代にアイルランドを旅行した時に現地でなんとなく購入し(U2のアルバムを買ったのがその時が最初)、アイルランドをぐるりと一周した時にバスに揺られながらよく聴いていたのです。

とりわけその中でも "I Still Haven't Found What I'm Looking For" という曲はそのタイトルからして、その時の僕の心境を表してるかのようだったので、特に印象が強いです。
直訳すれば 「自分がこれから何を求めようとしているのか、まだ見つかっていない」 という感じでしょうかね・・・

ちなみに U2の公式サイト では視聴ができるようなので、ご興味のある方はどうぞ!

という訳で今回はアイルランドでも特に印象が強く残っているアラン島での写真です。旅行時期は10月末~初旬にかけてで、その頃にはすっかり風も強くなり、まさに自然が荒ぶる大地という感じでした。

地図(↓)がアイランドで、左側の赤色にマーキングしてある所がアラン島です。
aran.jpg


岩盤でできているアラン島での農業は、土が風で飛ばされないように畑を石垣で囲み、岩盤を槌で砕き海藻と粘土を敷き詰めて土をつくることから始まるのだそうです。実際に歩いてみるとその厳しい自然環境がよく分かりました。
でもそういう大自然だからこそ逆に、色々と感じれるものがきっとあるはず。

00360001A.jpg

00360003A.jpg

00360007A.jpg

00360008A.jpg

00360010A.jpg



1クリック お願いします♪ → 人気blogランキング

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行


ドイツに来て日頃何を食べているかというと、もう圧倒的にパスタが多いです。5回料理すれば3回以上はパスタ。その理由は簡単で、「すぐ作れる」 「味にハズレが少ない」 「こちらのパスタは食べても食べても飽きない("Barilla"を愛用)」 以上の3点でしょうか。

ということで今日もパスタを作りました。
いつもは市販のトマトソース(これも"Barilla"を愛用)だけで食べちゃうことも多いのですが、今日はちょっと手間をかけて冷蔵庫に残っていたねぎ、ベーコン、卵で作ってみました。

IMG_0119.jpg

IMG_0124.jpg

ねぎは繊維方向に千切りをして、味は塩ベースに隠し味程度で醤油、そして少々多めにごま油を使ってのかなりの和風仕立て。
気持ち塩気が強かったかなと思ったけど、でもかなりおいしゅういただきました。

ちなみに料理するのは結構好きというか得意な方で、実家にたまに帰ったりすると母親の代わりに晩御飯とか作ったりするときも・・・ なんて親孝行な息子だ! 
でも後片付けはあまり好きじゃないんだけど(苦笑)



1クリック お願いします♪ → 人気blogランキング

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!


テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報


「立春、冷え込み一番 朝の都心はマイナス0.9度」

というネットニュースの見出しを読んでも、ふぅーーんと思ってしまう jassi です。
こっちはもっと寒くて、最高気温がマイナスなんていうのも普通にあるし、日中5℃越えたら、今日は少し温かいかなと思ってしまうぐらいだし。

IMG_0033.jpg

部屋の中から撮った朝の風景なんですが、木々が白くなってるのは雪が降ったからというよりは、寒すぎて凍り付いているんです。日中もそれが溶けることはないですし。

ドイツでは、 「寒い」 「暗い(太陽がほとんど照らない)」 「金ない(個人的な問題)」 の3拍子揃ってます(苦笑)

まあそんな状況にあって、今まで会社へはケッタ(自転車の意味、東海地方の方言、ケッタマシーンも可?)通勤していたのを市内電車通勤に変更しました。
最近は日常的に道は凍結しているし(この間見事にこけました・・・)、自転車の状態もよくないし、この時期に怪我したり事故られたりするのはすごーく困るので。

今までずっと自転車ばかり利用していたので、市内電車を毎日利用するのは結構新鮮。
昨夏に買った携帯MP3プレイヤーもようやくフル活躍です。
そして音楽を聴きながら色々と人間ウォッチングをしているんですが、なかなか面白い!
電車に乗っていて思ったことを書き連ねると、

その一。
小学生ぐらいの男子でも既に整髪料をつけている子が結構いて、ちゃーんとおしゃれして学校に通っているようです。髪型は昔日本でもちょっと流行ったソフトモヒカン風多し。

その二。
女性の服装チェックすると、推定9割以上がジーンズをはいているし。生徒・学生とおぼしき人も全く同様。お洒落も何も本当にあったもんじゃないなぁーと思うのだけど、まだ若い頃は体型がスリムで本当に綺麗(特にこちらの女性は10代半ば~20代前半がピークだと個人的に思う)、そして金髪も多いのでそれだけでも十分なのかなと思ったり・・・

その三。
頭髪について。こちらの人って男女問わず、本当に髪の毛が細いな~と。それに男性は髪の毛少なくない?? でも髪の毛の色が肌の色に近いからあまり目立たないのかも。
また女性で金髪の人は一見華やかだけど、こうやって電車の中で間近で髪の毛をじっくり観察していると、毛が細い分髪先が痛んでそうだし、色も年代が上がるにつれて随分くすんだり艶がなくなったりしてそう・・・

その四。
女性の髪型について。20代、30代ぐらいまでの女性は9割以上がロングヘアー(肩に髪がかかる以上)のような印象。個人的にロングが好きだから、これはいいことなんだけどね♪
そのかわり、年代が上がるとショートの割合が増えてくる。これは髪質の問題がありロングにしたくてもできない為なのか・・・、それともドイツのヘアーカットの技術レベルが(日本と比べると)低い為、高級店でカットしない限りショートヘアーにするにはリスクが大きすぎるということか。ロングなら誤魔化しがききそうだし。
ちなみに僕の美容室体験からすると、「日本人:盆栽の手入れ、ドイツ人:庭の芝刈り」というような感覚があるのかなと思うぐらいの勢いで散髪してくれます。もちろん担当する人によりけりだし、12ユーロしか払ってないから当たり前かなとも思ったりするんだけど・・・

他にも色々くだらないことを考えて、電車に乗っているのでした。
もっと有効な時間の使い方があるような気がしないでもないけど・・・



1クリック お願いします♪ → 人気blogランキング

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!



テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報


今日会社でパソコンに向かいながら仕事している時に、本当に眠く眠くてどうしようもなかったです。途中気絶してたりして・・・(苦笑)
しょうがないから、したくもないのにトイレに行ったり、別に飲みたくもないのに飲み物を口に入れたりしてたんだけど、その効果も焼け石に水。
でもまあ、たまにはこんな日もありでしょう!?

しかし、よく考えてみれば、昨晩は色々やっていて5時間半ぐらいしか寝てなかったんだよね。朝の目覚めはよかったんだけど。やはり睡眠時間は最低7時間は必要ということだな・・・
それで帰宅してから即ベットに入り込んだ為に、平日では珍しく今の時間帯(24時過ぎ)に起きていて、ブログを書いている訳です。(←他にもっとやるべき事もあるような気がするけど・・・)

さて、以前から要望の声がちらほらと聞こえた 「イイ男を磨く技」 (関連記事) の続編について・・・・

書きたいとはずーっと思っているんだけど、なかなかネタが思い浮かばなくて(考えることか?)、ということでまたまたちょっとわき道にそれて、今回は 「人が美しさを感じる動きとは何なのか」 について。

以下は、この年末年始に日本に一時帰国した時に読んだ新聞記事の抜粋です。


心ある所作に 「品」 宿る
観世流能楽師、片山清司さんは祖母、父と2人の人間国宝を身内に持つ。幼い時から、はしの上げ下ろしまで普段のしぐさを意識してきた。日常生活で気を緩めた動きをしていると、舞台の上での動きに 「品性」 が欠けてくるという。 「卑しい役を演じる時にも品性は必要です」
美しいしぐさの一例として、片山さんはモノをつかむ時の手の動きを挙げる。単にぞんざいにつかむのではなく 「相手から引き寄せられるように近づけ、取りに行く」 のだ。目の前にあるものを自分と対等にみる。そのような意識が美しいしぐさにつながるのでは、と言う。
ビジネスの世界でもしぐさは注目されている。トヨタ自動車が昨夏、国内でも始めた高級ブランド 「レクサス」。その店舗を訪れた客は、スタッフの立ち居振る舞いに驚く。ひざまずいて茶を出す。客が店を出る時は、姿が見えなくなるまでお辞儀を続ける・・・。
「どこの店舗でも、同じ心地よさで出迎えたい」 と、小笠原流礼法を基に、表情や立ち方など 「基本十型」 を作成した。
だが、 「単なるマニュアルではない」 と、レクサス国内営業部の人材グループ長は型の背後にある 「心」 を強調する。
例えば、手をそろえる際に右手を下に置くのは、刀を抜く手を押さえる武家の礼法に基づく。自分が一歩下がる慎みの心を表しているのだ。 「心と所作の両方がそろってこそ美しいしぐさになる」 という。
ポーラ文化研究所が首都圏で働く女性約750人に 「女性の美しさを表わすもの」 を尋ねたところ、 「美しいしぐさや立ち居振る舞い」 が74%で3位。 「きちんとしたマナー」 (84%)  「好感を与える言葉遣い」 (77%)に次ぎ、注目の高さを示している。
人間のコミュニケーションには話したり聞いたりといった 「口ー耳」 と、身振りやしぐさなど 「目ー手」 の二つの軸があるという。 「目ー手」 は、 「口ー耳」 に劣らず重要な役割を果たす。


この記事を読んだ時に、ふむぅ~と感心させられたのですが、でも 「相手から引き寄せられるように近づけ、取りに行く」 というのはそんな事今まで一度も考えたことないから、よく意味が分かりません状態。それに右手を下に置くのが武家の礼法というのも初めて知りました。
やはり日本の伝統芸能や武士道は奥が深いんですなぁー。

でも日本人でも「レクサス」店に行って驚くのだったら、外国人が行ったらどう感じるのでしょうね~。きっとぶったまげてしまうのでしょうか・・・ ドイツ人にはそのような観念なんてあるのかな??
でもここまで出来なくても、日頃からちょっとしたマナーや言葉遣いには気を付けていたいものですね。せっかく 武士道の国「日本」 で生まれたんですから。



この記事に共感できらら 1クリック してね♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!


テーマ:雑記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。