ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日会社でパソコンに向かいながら仕事している時に、本当に眠く眠くてどうしようもなかったです。途中気絶してたりして・・・(苦笑)
しょうがないから、したくもないのにトイレに行ったり、別に飲みたくもないのに飲み物を口に入れたりしてたんだけど、その効果も焼け石に水。
でもまあ、たまにはこんな日もありでしょう!?

しかし、よく考えてみれば、昨晩は色々やっていて5時間半ぐらいしか寝てなかったんだよね。朝の目覚めはよかったんだけど。やはり睡眠時間は最低7時間は必要ということだな・・・
それで帰宅してから即ベットに入り込んだ為に、平日では珍しく今の時間帯(24時過ぎ)に起きていて、ブログを書いている訳です。(←他にもっとやるべき事もあるような気がするけど・・・)

さて、以前から要望の声がちらほらと聞こえた 「イイ男を磨く技」 (関連記事) の続編について・・・・

書きたいとはずーっと思っているんだけど、なかなかネタが思い浮かばなくて(考えることか?)、ということでまたまたちょっとわき道にそれて、今回は 「人が美しさを感じる動きとは何なのか」 について。

以下は、この年末年始に日本に一時帰国した時に読んだ新聞記事の抜粋です。


心ある所作に 「品」 宿る
観世流能楽師、片山清司さんは祖母、父と2人の人間国宝を身内に持つ。幼い時から、はしの上げ下ろしまで普段のしぐさを意識してきた。日常生活で気を緩めた動きをしていると、舞台の上での動きに 「品性」 が欠けてくるという。 「卑しい役を演じる時にも品性は必要です」
美しいしぐさの一例として、片山さんはモノをつかむ時の手の動きを挙げる。単にぞんざいにつかむのではなく 「相手から引き寄せられるように近づけ、取りに行く」 のだ。目の前にあるものを自分と対等にみる。そのような意識が美しいしぐさにつながるのでは、と言う。
ビジネスの世界でもしぐさは注目されている。トヨタ自動車が昨夏、国内でも始めた高級ブランド 「レクサス」。その店舗を訪れた客は、スタッフの立ち居振る舞いに驚く。ひざまずいて茶を出す。客が店を出る時は、姿が見えなくなるまでお辞儀を続ける・・・。
「どこの店舗でも、同じ心地よさで出迎えたい」 と、小笠原流礼法を基に、表情や立ち方など 「基本十型」 を作成した。
だが、 「単なるマニュアルではない」 と、レクサス国内営業部の人材グループ長は型の背後にある 「心」 を強調する。
例えば、手をそろえる際に右手を下に置くのは、刀を抜く手を押さえる武家の礼法に基づく。自分が一歩下がる慎みの心を表しているのだ。 「心と所作の両方がそろってこそ美しいしぐさになる」 という。
ポーラ文化研究所が首都圏で働く女性約750人に 「女性の美しさを表わすもの」 を尋ねたところ、 「美しいしぐさや立ち居振る舞い」 が74%で3位。 「きちんとしたマナー」 (84%)  「好感を与える言葉遣い」 (77%)に次ぎ、注目の高さを示している。
人間のコミュニケーションには話したり聞いたりといった 「口ー耳」 と、身振りやしぐさなど 「目ー手」 の二つの軸があるという。 「目ー手」 は、 「口ー耳」 に劣らず重要な役割を果たす。


この記事を読んだ時に、ふむぅ~と感心させられたのですが、でも 「相手から引き寄せられるように近づけ、取りに行く」 というのはそんな事今まで一度も考えたことないから、よく意味が分かりません状態。それに右手を下に置くのが武家の礼法というのも初めて知りました。
やはり日本の伝統芸能や武士道は奥が深いんですなぁー。

でも日本人でも「レクサス」店に行って驚くのだったら、外国人が行ったらどう感じるのでしょうね~。きっとぶったまげてしまうのでしょうか・・・ ドイツ人にはそのような観念なんてあるのかな??
でもここまで出来なくても、日頃からちょっとしたマナーや言葉遣いには気を付けていたいものですね。せっかく 武士道の国「日本」 で生まれたんですから。



この記事に共感できらら 1クリック してね♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。