ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッカー日本代表はブラジルに負けて予選リーグ敗退でしたね。
といっても個人的には初戦のオーストラリア戦(前半のみ)ぐらいしかテレビ観戦していなかったので、日本代表がああのこうだのと言えないんですけど。
視聴率が50%を超えているのに、なんとも非国民な感じですが・・・
でも、サッカー自体には興味があるんですけどね。

さて、今世間であれこれ言われているジーコ監督ですが、彼について書かれた(W杯開催前の)新聞記事をたまたま読んでいて、面白いなーと思ったので紹介します。

ジーコ監督 ”天才の目”生かせるか  
ー藤島大ー

ラグビーの試合で、体が大きく力の強い相手が全速力で走ってくる。この競技を選んだ人間の宿命として倒さなくてはならない。
タックルを仕掛けるこちらの顔を見据えて思いっきりぶちかましてきた。痛い。勇気と技術がなければ吹き飛ばされる。ただしコーチ経験から断言させてもらうなら、練習をつめば何とか止められる。

どうしようもとめられないのは次の例である。
ボールを持った相手が、それを止めようとするこちらを無視する。少しも気に掛けない。自分にタックルしてくる者をまるで見ようとせず、その向こうを目掛けて走る。
いかに必死に倒そうと気を張っても、そこに「世界」をこしらえてもらえない。つまり黙殺。そうなると止める側は、たちまち無力化して身動きがとれなくなる。

ジーコについて書きたい。
解読不能なようでいて単純明快かもしれぬサッカーの日本代表監督は、どこを見ているのだろうか。
4年前のW杯期間中、本誌の小杉敏之記者とささやかにビールグラスを傾けた。Jリーグの選手経験を持つエキスパートとの語らいは楽しく勉強にもなった。
以下の話を聞けた。ジーコのJリーグ時代、既に往年の体力はないのに誰もボールを奪えなかった。なぜなら「ジーコは遠くを見ていたから」。守る立場からすると、自分を見ずに自分のはるか後方に目をやっているように感じるので、それ以上は近づけない。近づかないでいるとジーコはスッと間合いを詰めてくる・・・。ラグビーで似た感覚を知っていたから、ああ、やはりジーコはうまいんだと実感できた。

さてW杯開幕直前、まだジーコ監督の評価は定まらない。就任前は「肯定論」と「否定論」はいずれも声を小さくしている。
「日本はこう戦うんだ」という全体像はぼんやりしたままだ。なのに勝ち進んできた。肉体の資質、歴史=勝利の記憶といった領域で強国とは差のある日本代表が「地金」で戦う。本来は危険なはずが、ジーコという人がベンチの前に立つと、それもありかなと思わされてしまう。元天才選手だけの風景がきっとある。細かなシステム変更や選手選考に一喜一憂するジャーナリズムとは違う場所を見ている。
<以下省略>


日本代表に関する連日のあまりに加熱したテレビ報道では、こんなにいたのかよ!と思うほど多くのサッカー解説者が、3バックがどうだとか4バックがどうだとか、選手起用がどうのこうのとかを解説し、聞き手も芸もなく同じ質問ばかり。あとは人気キャスターがドイツから一面的な報道ばかりしているし。正直そんな報道を見ていると「あほくさっ!」と思って、サッカーを観戦しようかなと思わなくなっちゃうですよね。
もし今でもドイツにいたら、そんな報道を見ることもなく、日本代表の情報に飢えているから、愛国心という気持ちもふつふつ湧き上がって、負けても勝っても熱心にテレビにかじりついていたと思うんですけどねぇ。
おっと・・・、これ以上書くともっと過激な事を書いちゃいそうなので、ここらへんで止めておいて。

結局この記事が書かれていることが、サッカー解説者が御託を並べていることなんかりより、はるかに物事の本質に近いのではないかと思う。
「ジーコとその他大勢が見ている風景が違う」ということにつきるのだと思う。「普通の人には見えないけど、特別な人には見えるものがある」という言葉はずっと以前から気になっているんだけど、その特別なものとは 感性 なのかなと個人的に思う。じゃあ、感性はどういうものかという話になると、禅問答になっちゃいそうですけど。

で、サッカーブラジル代表というのは、いつもW杯決勝戦を見据えて試合をこなしていると思うんですよね。一方日本代表は予選リーグのまず1試合1試合しか目がいかない。
そんなチーム同士が戦えば、結果は目に見えているんでしょうね。



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ


追憶のポップス

この言葉を聞いて、どんなイメージが浮かびますか?
今日の昼に何気なくチューニングしてついつい聞いてしまったのが NHK-FMラジオ <歌謡スクランブル>  そして今日のテーマは 「追憶のポップス」 なのでした。

その時に流れていたのが以下の曲なんです。
(途中から聴き始めたんですが)

「リフレインが叫んでる」  - 松任谷由実 -
「シングルベッド」  - シャ乱Q -
「駅」  - 竹内まりや -
「愛すること」  - 辛島美登里 -
「難破船」  - 中森明菜 -
「フレンド」  - 安全地帯 -

僕はここ10年ぐらいは、音楽といえば洋楽中心でろくにJ-POPを聴いていないんですが(もちろん最近の邦楽なんて、何が流行っているのが知るよしもなく・・)、上の曲は何れも10年以上前のものばかり。だから、どれもよーく聞き覚えがあるんですよね。
おまけに 「追憶のポップス」 というようにどの曲もバラード系で、しんみりというかかなり鬱々した感じ。

で、、この曲を聴いていたら、なんかね、 「すごく長い歳月が流れてしまったんだな」 と否応なく心底思ってしまったんです。そんなことを心底思うことなんてこれまでなかったんですけどねぇー、、、個人的に好きな 洋楽80's を聴いていてもそんな気持ちになることなんてないんですが、今回の衝撃力はすごかったです。

「難破船」なんて 1987年 のヒット曲ですよ!
おまけに歌詞なんて(一部抜粋)

私は愛の難破船
おろかだよと 笑われても
あなたを追いかけ 抱きしめたい
つむじ風に 身をまかせて
あなたを海に 沈めたい


かなりすごいです、やばいです・・・・
本当にくらくらしちゃいました。

NHK-FMラジオは実はかなりディープな世界だったんですね。
竹中総務大臣がNHKのスリム化を提言して、その中にFMラジオの放送中止が入っているようなのですが。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


昨日実家に置いてあるビデオテープの整理をしていたんですけど、その際に僕がドイツに発つ前に録画していたある番組に目がとまりました。

それは 「TBS 情熱大陸 ~山中千尋編~」 (毎週日曜23:00放送)です。

彼女は現在(?)ニューヨーク在住のジャズピアニストなのですが、その番組では彼女の米国でのアクティブな生活の様子が紹介されていました。
ちなみに番組のバックナンバーは こちら です。

そもそも 情熱大陸 はずっと以前からほぼ欠かさず見ていた数少ない番組の一つなのですが、各界の著名人の裏側が少し垣間見えて好きなんですよね。
で、まだ帰国して2週間あまりなんですけど、山中千尋さんが世界で最もアグレッシブでジャズの本場とも言われるニューヨークで頑張っている姿を見ると、なんとも心がウズウズしてきました。やっぱり海外っていいなぁーって・・・
まあこういう番組に触発されることはドイツに行く前から結構あったので、まあ一時的な発作のようなものなんですが (笑)

ということで、その番組を見てその気になってさっそくしたことがこれ (↓)

klavierA.jpg

以前の記事 でも書きましたけど、日本での社会人時代にピアノを少し練習していて、電子ピアノを買ったんですよね。それがこれなんですけど。

ただ、、もう2年以上ろくに鍵盤も触っていないので、以前はデタラメながらにも何とか弾けた 坂本龍一・戦場のメリークリスマス もすっかり忘れてしまって、レパートリーが全くない
うーん、でも山中千尋さんみたいに格好よくピアノが弾いてみたいもんだ、、、きっと気持ちがいいんだろうなぁー。

ということで、海外に気持ちが飛んでるのか、ジャズピアノに思いをはせているのか、よく分かんない状態ですが・・・・




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


こんにちは、日本に戻ってきたjassiです。
日本から記事を更新するのに、これまで使っていたタイトル 「 Wieso? - ドイツ生活雑感 - 」 では当然違和感があるので、 「 Wieso? ...... aus Japan 」 に変更してみました。単純な名前変更ですけど、今後もよろしくお願いします。m(_ _)m

ということで、はて ...... これからどういう内容の記事を書こうかと考えましたが、まあ特にこれといってアイデアもないので、日本での生活についてまたうだうだと書いていこうかなと、、、、そんな感じです。

さて、6月初めにあえてW杯が始まる前に日本に帰国し、既に2週間が過ぎようとしていますが、時差ぼけも一切なく、食生活にも、日本語にも困ることなく(当たり前だ!)、意外にすんなり生活しています。そもそも今年の年末年始に一度帰っているので、日本・日本食恋しい病はおさまっていたんですよね。

それで、日本に帰ってきて生活の中で大きく変わった点。

IMG_0829A.jpg
(写真左)ドイツで使用していた携帯電話(プリペイドカード式)
(写真右)最近買った携帯電話(au)

この写真からも分かるように、僕の生活もこの携帯のデザインからして随分とモダン(この言葉はもう死語?)となりました。ドイツでは携帯は一応持っていたけど、使用頻度はかなり少なくて、1日で1回も携帯を見ないことはざらで、家の電話やパソコンを連絡ツールとしていたんですけど、それが今では携帯必須ですもんね。そしてドイツ・フライブルクで移動手段といえば、市内電車&徒歩で健康的でしたけど、今では車が圧倒的に使用頻度が高いですし。
うーん、やっぱり人間一旦楽を覚えてしまうと、そっちの方にあっさりと変わってしまいますねー。うーん、困った困った。

ということで、次回の記事で日本での小ネタをいくつか紹介しますね。



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。