ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回のドイツの労働状況について書いた記事で多くのコメントを頂いたので、もう少しそれについて僕の意見を書こうかなと思います。
その前に一つ参考として、最近読んだ雑誌・日経ビジネスAssocie(10月18日号)に掲載してあったサイバーエージェント社長・藤田晋氏の記事を紹介。

「ヒマな仕事でキャリアは積めない」
仕事のできるできないは、要するに場数=経験の差で決まるからです。
(途中省略)
新人の頃、最初の2,3ヶ月間は9時、11時、13時、15時、17時をアポイントメントで人に会う時間と決め、電話をかけまくり、無心でその時間の予定をとにかく埋めました。1日5件のアポイントを取ることをノルマのように自分に課したのです。さすがに毎日すべて埋まるわけではないのですが、それでも、片っ端から電話をかけいくうちに、何件かは埋まっていく。そして出向いた先では、商品に関して「ここをこうしたらよい」という点がないかと聞き、宿題をもらって帰ってくるのです。
帰社して、もらった宿題に答えるのに時間を割くうちに、気づくとまた次のアポイントの時間になる。すぐに望んだ通り忙しくなりました。そして首が回らなくなるほどの忙しさを経験し、場数を踏むうちに、仕事の段取りを覚え、顧客のニーズが分かるようになり、結果として、入社初年度で5,000万円の粗利益に貢献することができました。
ひたすら場数を踏む、こうしたやり方は効率が悪いように感じる人がいるでしょう。確かに、私も最初はそう思いました。しかし実際は、場数を踏むことでしか自分の中の知識や選択肢を広げられず、効率は上がらないのです。


この考え方には個人的に全く賛成で、やはり「場数」=「労働量、労働時間」がベースにあり、それによって仕事の能力は向上すると思います。僕自身の少ない会社員経験からいっても、場数を踏むことの重要性はよく感じました。
僕が以前勤めていた会社では、配属されたチームが出張が多い仕事だったので、週2,3日ぐらいのペースで出払い、多くの企業や一般ユーザーとも接する機会がありました。その結果元々人見知りをする性格なんですけど、でも仕事となるとかなり目上の人に対してもほとんど緊張することなく、今は何をするべきかと冷静に考えながら対応が出来るようになりました。また当然出張が多ければそれだけ事務作業はたまる訳ですし、課題も持ち帰ってくるので、出張の間の仕事を夜遅くもしくは土日で補わなければいけない状況でした。でもそうやって積んだ経験は今となっては本当に貴重なものです。
当然まだまだ経験値としては全然足りないので、この先少なくとも10年ぐらいは色々な経験をすべく、とにかく仕事量をこなしていかなくてはいけないなと感じているのですが。
また先週の日本人向けプレゼンの仕事の時に、日本人のドイツ語通訳の方も一緒だったのですが、その方は同時通訳が可能な方なほど流暢だったのですが、「どうすればあなたのようになれるのですか?」とお聞きしたところ、「場数をこなすことが一番重要!」(もちろん勉強することは言うまでもなく)とおっしゃってみえました。

しかし藤田氏のように誰もが社長になれる訳ではないし、また社長になりたいと思っている訳ではないでしょう。だからやたら「場数」=「仕事量」を強調するのは意味がないと思われるかもしれません。
でもやはり仕事は人生のうち少なくとも30年以上は付き合っていかなくてはいけないものであるし、平日の時間の1/3以上を費やすのですから、豊かな人生にするという意味ではそれだけのエネルギーを注ぐべき対象の一つだと思います。だから、少なくとも仕事のベースを作るべき年齢といえる20歳代、30歳代は平日ぐらいはしっかり働くべきではないでしょうか。

ただそれと同時に、土日祝日および(すべてでなくても大部分は)有給休暇はちゃんと休めるような仕組みも作るべきだと思います。日本人の悪いところは区切りをつけることなくついつい働いてしまい、プライベートな部分を犠牲にしやすいところですから。
一方ドイツ人は平日ぐらいはもっと働くべきだと思います。法定有給休暇が30日もあって、さらに病欠が有給消化とならず正式な休みと認められるのは、いくら個人の権利を保障すべきだといってもやりすぎだと思います。だって病気になるのは自己責任以外の何者でもないじゃないですか。更に通常の給料の手取り額と失業した時に受け取れる保険料がほとんど大差ないという社会保障制度も根本的に間違っていますよね。それだと働くことが馬鹿らしく思えてしまいますよね。
このままでは将来はドイツの有力企業は国外に拠点を移してより効率化を図るという生き残り手段がありますが、ドイツという国自体はそれになす術なく、現在の欧州内での経済的・政治的地位を維持するのは難しいのはないでしょうか。

僕自身現在はドイツで働いていますが、ゆくゆく日本に戻る予定です。海外で働くという経験は確かに普通の人とは異なり有益だとは思いますが(そういう経験がしたくてこちらにきたのですが)、仕事量という部分ではかなりひらきがあるので、いくら仕事は中身も重要だといえど、日本に戻った時にこんなんで本当に大丈夫かなと不安になります。

こんな事思うのは僕が単に日本的労働観念がしっかり植え付けられているからだけなのでしょうか? ちょっと話の流れ的にこじつけの部分がありますが、思いついたままに書いてみました。



なるほどね!って思ったら1クリックしてね♪
→ 人気blogランキングへ


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報





jassiさんの意見に同感です☆彡
たまに、熱く語らないと!!!
私も、たまに熱く語っちゃいます。
(^_^)v
【2005/10/25 18:58】 URL | ネフェルティティ #-[ 編集]

jassiさんこんばんは。

私はまだドイツへ来て3ヶ月足らずですが、日本とドイツの労働量の差、勤務体系の違いはかなり感じます。
日曜日に一斉に店が閉まってしまうのも不便だと感じますが、特に驚いたのが、外人局での出来事です。
私は結局ビザのために3回行く羽目になったのですが、ものすごく混んでいるにもかかわらず、ただ愚痴を言うためだけに仕事を抜ける担当者。長蛇の列ができていても、私が目の前に居てもおかまいなしです。
そして1回目、2回目、3回目に行ったとき、毎回要求される書類が違いました。さらに、申請に必要な金額まで間違っていました。記憶で書いた金額が間違っていた模様。これには唖然としました。
忙しいのなら、1回できちんと正しい書類・金額を提示すれば、申請者たちも楽だし、何より自分たちがもっと楽になるのに、と思いましたね。

愚痴になってしまいましたが、私も会社員時代、かなり忙しい会社に居ましたので、jassiさんの意見に賛成!ですね。
いろんな仕事を同時に抱えて、苦しい中なんとかやっていくと、いつの間にかスキルアップしているんですよね。
‥そうすると、人から頼まれやすくなってまた仕事が増えるという抜けられない循環にはまるんですが。たしかに遣り甲斐はありました。

なんだかこう書くと、いかにもドイツ人が働かない人ばかりみたいですけど、ドイツでも当然一部の人たちは寝る間も惜しんで働いていると思います。
というのは、私はクラシック音楽を勉強しているのですが、私の先生(ドイツ人)は全く違うのです。先生はオーケストラ奏者でかなりお忙しい方なのですが、驚くほどまじめでよく練習し勉強されています。先生のお宅へお邪魔して仕事部屋を見せて頂いたとき、(説明は難しいのですが)演奏に欠かせない道具をものすごくたくさん準備していらっしゃって、いつ寝てるんだろう?というくらいでした。
特殊な世界ですので、一概には比べられないとは思いますが、これを見て、同じドイツ人でもこうも違うのかと思いましたね。

長々と失礼しました。
先生の努力を見て、私ももっとがんばらねばと苦しみながら勉強しているところでしたので、今回の内容にタイムリーで励まされたところです。この一見無駄とも思える時間の費やし方はきっと何かのためになるって(~_~;)

お互い日本人らしさを忘れず、もっとドイツでの生活を楽しめるようになるといいですよね!
【2005/10/26 05:13】 URL | メイプル #uLxoi.tE[ 編集]

といっても、私の場合、主婦なので、視点は違うんですが・・・
  「場数をこなすことが一番重要!」
というのは、どんなことにでも、当てはまると思います。色んな経験をしていると、あらゆる場面に対処できます。それは、子育てにもいえるんです(すみません、皆さんと、違って・・・)
初めてノ子には、親も初めてのことばかりなので、オロオロするのですが、次の子のときは、”ああ、こんなときは、こうなんだなあ・・”って、余裕を持って、対処できるんです。
皆さんは、ドイツで色々苦労されてるけど、それは、今後の人生に、プラスになると、思います。
なんか、話が違うほうへ行ったけど、どんなことでも、場数を踏むのが大事だって、いいたかったんです^^
【2005/10/26 18:05】 URL | CoCo #-[ 編集]

現実の世界だとなかなか熱く語る場がないんですよね~。
ということで、ついついブログを利用してしまったんですが、ちゃんとレスポンスがあって語りがいがあります! サンキュウです♪
【2005/10/27 03:46】 URL | Jassi #-[ 編集]

僕は日曜に一斉に店が閉まるのはさすがにもう慣れましたけど、 ■■悪魔の館 外人局■■ は本当に嫌ですよね。
メイプルさんもそこでひどい扱いをされたんですね。このひどい屈辱感というか怒りを本当に実感するには、(極力関わりたくないけど)当時者にならないとわからないものですよね。ドイツの硬直した官僚主義を肌身で感じる社会勉強とはとても思えないですよね。分かりますその気持ち。
でも無事滞在許可証はもらえたんですよね!? お疲れ様でした。

確かにおっしゃるようにドイツ人すべてが働かなすぎというのではないですよね。以前住んでいたWGの同居人は、こちらの有名な研究所に勤めているのですが、朝は7時に家を出て、帰宅するのが22,23時という生活をしていたし、うちの社長も土曜日も隔週ぐらいの頻度で出勤しています。さすがにこういう人達がいないと社会は動いていきませんよね。

僕もこちらで苦労した事は目には見えないけど、しっかりと自分の糧になると思ってやっています。お互い頑張りましょうね♪
【2005/10/27 04:14】 URL | Jassi #-[ 編集]

いえいえ、子育てもすごく大変で、大切な仕事だと思います。特に女性はその負担がかなり重いですよね。
子供の頃には分からないけど、大人になると親のありがたさが分かるみたいに・・・

学生時代よくバックパック背負って海外一人旅をしましたが、基本は貧乏旅行だから1日20kmぐらい歩いたり、安宿を探したり、慣れない英語で交渉したりと楽しいことより大変な事が圧倒的に多かったです。その時によく思ったのが、今の状況はロールプレイングゲームのように自分の経験値をあげるためなのだなと。つまりモンスターとの戦いがあってそれに勝つと経験値がたまり、それを繰り返すことでレベルがあがるというように。
ようはいかに場数をこなすかで、器の大きさがある程度決まるんじゃないかなと・・・

「幸せな人生は、きっと楽な人生じゃない」とどこかに書いてありましたが、その通りですよね。
【2005/10/27 04:29】 URL | Jassi #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。