ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



3日ほど前の出来事。
17時過ぎに仕事が終わり、途中スーパーにちょっと寄ったらあたりはもう真っ暗でした
そしていつものように自転車で帰り道ルートの自転車・歩行者専用橋を渡ろうとした時に、その橋の手前には警官らしき人が3人ほど立っているではないですか!!
でもその時は別に僕自身悪いことした覚えもないし、何かやっているなぁーという程度で通り過ぎようとしたら、いきなり警官に呼び止められました!(厳密に言うと市の交通局の職員)

「ちょっと、止まって!!
君、自転車のランプを点灯せず走っているねぇー」


「はぁ、そうですけど、前のランプ故障しているんですよね、
後ろの赤ランプは点灯するんですけど、それで何か・・・・」


「夜間の無灯火の自転車走行は禁止されているんだよ。
だからその罪で罰金10ユーロ! 何か身分証明書持っている?」


「おいおい、まじでぇ!!(心の叫び) 
身分証明書ですか・・・ 手元にはないんですけど。」


「じゃあ、銀行のカードとか名前の記載してあるもの持っている?」

「銀行カードならありますけど・・・」


という感じでやりとりがあり、結局その場で10ユーロ払いました。
ちなみにこのネズミ捕り捕獲率はかなり高そうで、僕の前後にも同じ目に遭っている人が多数・・・・ まあ10ユーロ(1,400円ぐらい)払えば後は特に罰則もないし、ちょっと運が悪かったかなという程度で済む話だったんですけどね。
これが50ユーロとか100ユーロとかだと、何とか抵抗しようみようかと思うんでしょうが、、捕獲率も高そうだし、意外においしい市の収入源だったりするのかなぁー

しかし、自転車無灯火走行で罰金払うなんてこれまで見たことも聞いたことないし、ドイツならではの面白ネタ に遭遇といえばそうだけど、かなり面食らった感じです。

それで罰金を支払った後、当然(すぐに)自転車に乗る訳にいかないので、自転車を押して橋を渡ったら(同じような人が前に3,4人います)、反対側から僕と同じ無灯火の自転車が走ってきました。
それで 「向こうで自転車検問やっているよ!」 と忠告してあげたら、その男性は 「おお!! (何故か)merci merci !!(ありがとう)」 と言って、さっそく自転車から降りていました。
こういうのはやはり同じ自転車愛好者としてはありですよねぇ!?



面白かったら、1クリックお願いします♪ → 人気blogランキング

コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!!

スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報





罰金嫌ですよね。e-263
年末になるし気をつけなくては…
警官に呼び止められたらドキドキしそうです。
【2005/11/13 00:48】 URL | ネフェルティティ #-[ 編集]

冬になって日が暮れるのが早くなると
こうやって小遣い稼ぎでもするんですかね。
私もこんなの聞いたことなかったです。びっくり。

中学の時自転車通学してたんですが、帰り道抜き打ち検査をしていた先生に無灯で捕まった思い出がフラッシュバックしてきました(笑)
【2005/11/13 09:06】 URL | ちゃーち #nRVwnW6U[ 編集]

今回は金額が安かったから、それほど痛手はなかったですけどね。それよりは、自転車検問ってありなんだー!という驚きの方が大きいです。

そろそろ年末だし、警官には、、じゃなくて運転には気をつけて下さいね♪
【2005/11/13 16:23】 URL | Jassi #-[ 編集]

僕もかんなり面食らいました。
じゃあ、飲酒自転車走行だったら、これまた罰金なんでしょうかねぇ~ (^-^;

ちょっとずれますが、中学生の時は服装チェック(変形ズボンとか)、置勉チェック(教科書を学校に置いたままにする)、髪の長さチェックとか、色々ありましたね~。
いやはや懐かしいです♪
【2005/11/13 16:28】 URL | Jassi #-[ 編集]

知り合いのドイツ人は赤信号の小道を渡って罰金60ユーロ払ったらしいです。もちろん歩行者。

自転車の酔っ払い運転で、自動車の運転免許を持っている人はその場でポイント引かれるらしいし、厳しいですな。
自転車も自動車と同じレベルで扱われているということでしょうか。

ミュンヘンは自転車道は道路の真ん中ではなくて、歩行者道の脇にあります。歩行者が間違ってそこを歩こうものなら「チリンチリン」で追いやられます。ミュンヘンの自転車もスピードは出すし、怖いですよ。
【2005/11/14 04:13】 URL | busuke #KFT6j.U6[ 編集]

jassiさん、この度は罰金をとられてしまったということで、ご愁傷様でした。
四角四面で堅苦しいというイメージを持たれることが多いドイツならではの出来事ですね。
なにやらドイツでは晴れの夜に車のフォグランプをつけて走っただけで警察に捕まると聞いた事があります。厳しいですね。

でも私は日本でもそのくらい自転車にも交通ルールを求めるべきだと思ってしまいます。
車も自転車にも乗る私は、おばちゃん達や学生達の自転車の走り方の恐ろしさを毎日のように実感しています。交通ルールなんてあってないようなものです。
つい最近もおばさんの運転する自転車に思いっきり足を轢かれてスネから出血しても、睨まれて私が謝まりましたから。(涙)

厳しすぎるのもどうかと思いますが、ある程度の事は日本もドイツを見習うべきだと思います。

長くなってスミマセン!かなり関心のある記事だったものですから。
【2005/11/14 06:35】 URL | ヨクタン #-[ 編集]

歩行者が信号無視で60ユーロ罰金ですか・・・ありえない!
ミュンヘンって法律の適用がかなり厳格だと聞いたことあるのですが、どうなんでしょうね。例えば路上の物乞いとかはさっさと警官に追い払われるんですよね~!? その点フライブルクはかなりリベラルで穏健らしいのですが。


ちなみに写真は左折車線なので、たまたま自転車専用道路が真ん中にあるだけで、基本的にはミュンヘン同様歩行者道の脇にありますよ。
【2005/11/15 04:23】 URL | Jassi #-[ 編集]

大学時代は原付バイク、社会人時代は車、そして今は自転車と立場が変わると、やはり考え方もかわりますねぇー。
原付の時は車の隙間をすぃすーぃと気ままに走っていたのですが、車に乗り出してから原付や自転車にはかなりいらだつ時がありましたし、そして今はそれまでの経験を踏まえて自転車に乗っているつもり(?)です。

自転車に乗ったおばさん、本当にひどい話ですね。彼女の一番危険な所は、周りを全く見ず走っているところですよね。そういう時に事故が起こっても、車が100%悪いというのは納得できませんよね。それについては欧米の自己責任の原則を取り入れてもいいじゃないかなと思いますけどね。
【2005/11/15 04:32】 URL | Jassi #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。