ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今までずっーーーとやらなくちゃやらなくちゃと思っていて、でもなかなか手につかなかったこと・・・・
それは、英語の勉強。

前回の記事にも書いたように最近仕事で英語の資料なんかを一部読むことがあるのですが、その時は文法までしっかり理解してというよりは、なんとなくこんな意味だろうな~という感覚で読んでいて、聞くほうにしても似たような状況。
でも文法とか熟語など細部にスポットをあてると、途端に理解がすごーく怪しい状態なんですよね。僕の頭の中でドイツ語と英語が被っている部分が多数あって、もちろんドイツ語は日常的に使っている為に、どうにも英語が不確実。
そんな状態をだらだらと引きずってきたのですが、そろそろ英語をしっかり復習しないといけない状況になりつつあるので、やっと重い腰をあげて先週ぐらいから勉強を始めました。

まずやり始めたことは、英語とドイツ語の違いを明確にする為に文法の復習。
それで肝心の教材ですが、この年末年始に一時帰国した時に英国大学院留学していた友達が「これ一冊をちゃんとやれば十分!」と紹介してくれた本を使っています。
それは、"English Grammer in Use" (CAMBRIDGE)

IMG_0026.jpg

この本の構成は145テーマからなっており、見開き2ページが1テーマとなっています。そしてそれぞれのテーマで "I am doing & I do" "have to & must" "each & every" 等を扱っていて、テーマごとの関連もあり、説明も簡潔でしかも分かりやすくてなかなかいい教材のようです。

それで、実際に教材の練習問題をやっていて、思わず苦笑いしてしまったこと。
その一
例えば "English" 書こうと頭で思っていても、ついつい "Englisch" と手が勝手に書いてしまう。 (ドイツ語ではどの単語でも "sch" とするのが普通)

その二
"An Interpreter translates from one language into another." というような文章があり、文頭の "An" を「不定冠詞」でなく「前置詞」と解釈してしまい、30秒ぐらいどうしてこんな文章が成立するのかなぁ~と考えてしまった。 (ドイツ語では "an" は前置詞の役割)

その三
動詞の過去形ー過去分詞のパターンを忘れていて、"sleep" の過去形を "slept" ではなく "sleeped" としたり、"dropped" のところを "droped" と書いたり。

その他にも色々ミスってますが、少しは頭が慣れてきたかも。
現在は15テーマまで終了し、少なくとも2月末までには一通り終わらせたいなと思ってるのですが、その時には頭の中で英語担当部分とドイツ語担当部分がちゃんと住み分けをしてくれるようになると嬉しいなと思っているのですが・・・ どうなることでしょうか。ちょっと楽しみだな♪



あなたの 1クリック お待ちしています♪ 
→ 人気blogランキング


コメント、トラックバック、リンク大歓迎です!

スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報





おひさしですー。あはは、ドイツ語と英語の住み分けとはすごい。

ごっちゃになるという感じはー、少し分かります。ぼくはドイツ語はさっぱりなのですが、フランス語と英語。この2つは前置詞や発音であまり共通する部分がないのですが、いまっだに慣れないのが"r"。ドイツ語でもフランス語と似た発音かもしれませんが、独特の吐き出す感じの"r"です。英語の"Try"とか"learn"(ドイツ語はlernen?)とかいうとき、"r"だけフランス語です^^;もう、直んない、これは(笑)
【2006/01/29 13:22】 URL | まつ #6PnNYe6g[ 編集]

何ヶ国語も話せる人は、頭の中でそれらの言語が、ちゃんと住み分けできてるそうですね。
だから、瞬時に、英語にしたり、ドイツ語にしたり、スペイン語にしたりと・・・
私のように、中途半端な人間は、どちらかを捨てないと、こんがらがって、わけわからなくなるのですが・・・
前に習っていたドイツ人の先生は、ハーフで、バイリンガルでした。授業は、ドイツ語なんだけど、ある時、日本語で言っていて、”あっ!私日本語でしゃべっていた”と、突然、ドイツ語に切り替わりました。
自分でどっちかわからないなんて・・・
さすがです^^jassiさんも、がんばれ!!
【2006/01/29 17:38】 URL | CoCo #-[ 編集]

始めまして。私はドイツへ来て1年になります。ドイツ語はなかなか上達しないので悲しい限りです。私の場合、英語の方がドイツ語より得意なのですが、ドイツ語をやりだすと、ホントに英語のスペルがあやしくなるのが悲しい限りです。ちゃんと住み分けができるようになるといいなと思います。

私もこちらへ来て就職活動しました。今は日系の会社で働いていますが、ちょっとやりたいこととは違うのでいまだにいい求人があれば応募してる感じです。でもなかなか厳しい感じです。お互いがんばりましょう。
【2006/01/29 23:24】 URL | べる #-[ 編集]

お久しぶりです~。
英語とドイツ語は同じゲルマン系言語だから、結構重なる部分が多いと思うんですよね。それが時にメリットになったり、デメリットになったり・・・

"r"の発音はなかなか大変ですよね。個人的にはうまく舌が回らないので英語の"r"は苦手ですね。でもドイツ語は喉を鳴らすようにして発音するので(フランス語もそんな感じですか?)、それなら訓練次第で出来るようになるので、英語の時もそうなってしまいそうかなー。
【2006/01/30 04:20】 URL | Jassi #-[ 編集]

バイリンガルの人って本当に羨ましいですよね~。それに既に2ヶ国語の素養があると、他の言語もわりと簡単に習得できそうですよね。

僕の頭の中はまだまだこんがらがっているので(特にアウトプットする時)、スイッチみたいなものがあって、自由に切り替えが出来たらいいだろうなぁーとよく思います。
大人になってからこれをやろうと思うと、もうひたすら勉強というより訓練みたいな感じになってきますよね。大変だ・・・
【2006/01/30 04:27】 URL | Jassi #-[ 編集]

こんにちは、ベルさん。
書き込みありがとうございます!

おっしゃるとおり、ドイツ語を覚えるに従って英語が下降線をたどるんですよね。でも途中に英語をやろうとすると余計にドイツ語が混乱しちゃうので、そのバランスが難しいですよね。

ドイツで就職活動は本当に大変ですよね。簡単には見つからないから、自分のしたい事と違っても、妥協しなくちゃいけない部分が出てきますし。
お互い頑張りましょうね♪
【2006/01/30 04:35】 URL | Jassi #-[ 編集]

再びー^^;

フランス語のrもドイツ語と同じくで、のどを鳴らすような感じですね。日本人には発音しずらい?そうなのですが、どうしても英語のほうが違和感です^^;でも、ドイツ語のほうが英語との共通点が多そうですし、住み分け目指すのすごいな、って思いました。

p.s.リンク貼らせてもらいました~。すいませんっ、NGでしたらご一報いだたけますか^^;
【2006/01/30 22:22】 URL | まつ #6PnNYe6g[ 編集]

もちろんリンクは大歓迎ですよ♪

個人的には一時期 "r" の練習の為に、うがいの要領で喉をゴロゴロさせて発音させる練習をしていたので、ドイツ語の "r" は少しできるようになりました。
でも外国語の発音は難しいですよね。

確かにフランス語やドイツ語は重要ですけど、でも語学をやればやるほど英語だよなぁーという気がしませんか?
【2006/01/31 04:13】 URL | Jassi #-[ 編集]

ドイツに住んでいると英語と混ざってきちゃいますよね。
最近友達と飲みに行って、アメリカ人の同僚が混ざったりして、英語になると最初の30分はかなり意識しないとドイツ語に逆戻りしちゃいます。

コツコツと努力するJassiさんを見ると私も何だかやる気が沸いてきます。
【2006/01/31 07:37】 URL | busuke #KFT6j.U6[ 編集]

英語とドイツ語を同時に次々に切り替えができるようになるのが目標ですが、それが出来るのはいつになることやら・・・です。間を置いて、相当注意を払ってしゃべらないと厳しいですよね。

英語の勉強もちょっとお尻に火がついている状態なので、現実はコツコツ努力というのとは程遠いんですよね(苦笑)
【2006/02/01 08:59】 URL | Jassi #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。