ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回の内容は ドイツの子供達 Part.2 の話の続きです。


さて、子供達の折り紙に対する反応は?
質疑応答の時のちょと緊張した感じと違い、折り紙をやり始めるとすごく生き生きしていました。
とはいってもちゃんとした折り紙をするなんて初めてでしょうし、イラスト付の折り方説明書を配ったものの焼け石に水という感じで、子供達は???という顔付。やっぱりやって見せるのが一番!ということでゆーっくりとやって見せるのですが、結構デタラメに折るんですよね。折り目はかなり適当だし、端と端がそろっていないしと。結局は僕等がほとんど作っていたんじゃないかな。しかし生徒が多いだけに、一人の面倒を見ればいい訳でなく次から次に子供達が寄って来て、"Kannst du mir helfen?"(手伝って!) "Wie geht es weiter?"(次はどうするの?)の連発。

で、完成すると皆喜ぶんですよね。その後は一人で手裏剣を5つ以上作っている子もいて、「こんなにたくさん作ったんだよ!すごいでしょ!」 と嬉しそうに自慢しに来て、「すごいじゃん!」と褒めるとかなり満足顔。やはり子供褒めて育てるのが正解なんですね。ちなみに手裏剣は星に似ていることもあり見た目も綺麗だし投げて遊ぶことも出来るから特に男の子に、鶴は女の子に人気があるようでした。(写真の女の子が持っているのが折り紙の鶴です、分かるかな?)

      origami-kinder.jpg

でも改めて折り紙をやってみると結構奥が深いし、外国人にとってはちょっとした芸術作品と言っても過言じゃないような気がします。知り合いの日本人がドイツ人(若者)の為に難易度の高い動物を数種類綺麗に作ってプレゼントしたら、すごく喜んでパソコンモニターの上に飾っているようで、かなり外国人受けすると思います。今後海外に行く人は折り紙の練習をしておくといいかも!?
折り紙にちょっと興味もった方は このHP を見ると折り方など参考になりますよ。



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。