ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日ブンデスリーガ2005/2006年シーズンが開幕し、バイエルン・ミュンヘン vs ボルシア・メンヒェン・グラードバッハが記念すべき開幕試合として行われました。結果は3:0(ハーグリーブス1得点、マカーイ2得点)でバイエルンの圧勝。前半終了間際にバイエルンのDFイズマエルがイエロー2枚で退場となるも、後半も終始バイエルンペースで試合が進みました。ただ主審は誤審が多く、またイエローカードの基準もかなり曖昧で、それでイエローはちょっと可哀想じゃないと思う場面もしばしば・・・
いずれにせよ、今年もバイエルンは強そうです。

さて試合結果はそれぐらいで、これからが今回の本題です。
それはスタジアムです。今日の試合会場は今年5月にオープンしたばかりの Allianz Arena で(Allianzはドイツの保険会社の名前)、バイエルン・ミュンヘンと1860 ミュンヘン(現在2部)の2チームがホームスタジアムとして使用します。共同使用の為、スタジアム内外にどちらかのチームに偏った宣伝など出来ない為、外観照明のみによって区別しています。つまり赤はバイエルン・ミュンヘン、青は1860 ミュンヘン、白はドイツ代表試合などの場合に使われます。

     20050806055126.jpg

     20050806054946.jpg

僕は実際にこのスタジアムを見たことはありませんが、今までスタジアムという建物はコンクリートで覆われているという概念をくつがえし、まるでファッションビルのような近未来的で軽やかな外観を身にまとったこのスタジアムがすっかり気に入りました。また照明の色により2チームの違いを明確に示すという手法も本当に素晴らしいアイデアですよね。
もっと詳しくスタジアムに知りたい方は Allianz ArenaのHP から画像等がダウンロードできます。上の画像もそこで見つけてきたものです。

ちなみにこのスタジアムの設計者は世界的に有名な建築家 Herzog & de Meuron(ヘルツォーク&ド・ムーロン)で、日本での作品としては プラダ ブティック青山 があります。
2人は共にスイス・バーゼルの出身で、彼等の名声は Tate Modern in London や 2008年北京オリンピックの国立競技場 の設計などによって高まり、2001年には建築家にとってのノーベル賞と言われているプリカー賞を受賞。Allianz Arenaでも見られるように多彩な建築材料を豊かな表現力で設計することが評価されているようです。
ちなみに日本人でこの賞を受賞したのは丹下健三、槇文彦、安藤忠雄の3名でいずれも大御所と呼ばれる人達ばかりです。



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。