ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドイツで有名な日本人は誰なのでしょうか? イタリア・フィオレンティーナ所属の中田選手やドイツ・ハンブルク所属の高原選手などはサッカーに興味のあるドイツ人なら大概は知っているでしょうし、小泉首相などもある程度知名度があるのかもしれません。しかしマリナーズ・イチロー選手やヤンキース・松井選手のようにアメリカの全国紙の一面を飾るようなことがあれば世間の認知度は一気に上がるのでしょうが、ドイツで新聞の一面を飾るほど有名な日本人は皆無に等しいのではないでしょうか。

確かに圧倒的な知名度を誇る日本人はいないようですが、それでも一般的なドイツ人が知っている日本人はいるはずです。その答えは思いがけない状況から知ることになりました。
以前アパートをシェアしていたドイツ人女性と本について色々話していたとき、日本人作家についても話題が上りました。その時たまたま僕が村上春樹氏の小説 "Gefaehrliche Geliebte" =危険な恋人 (国境の南、太陽の西) を書店で買ったばかりでそれを彼女に見せると、それは既に読んだわよ!という返事が返ってきました。彼女は他にも "Naokos Laecheln" =ナオコの微笑み (ノルウェイの森) を含め結構な数を読んでいるようでした。
それで彼女曰く 「ドイツでもっとも有名な日本人は村上春樹じゃないかしら、たぶん」 確かに言われてみるとわりと大きな書店のベストセラーコーナーには彼の小説がいつも2冊ぐらい置いてあり、ドイツのAmazonで「Haruki Murakami」と検索してみると48件も該当作品がありました。それだけドイツ語翻訳本が出版されている訳です。

      murakamis.jpg

ちなみに "Gefaehrliche Geliebte" 表紙に書いてある書評がなかなか興味深く、「とてもエロチックな小説だ。私は数年来それほどまでの愛の描写を読んだことがない - Marcel Reich-Ranicki -」だそうです。興味がある方は画像をクリックしてみて下さい。
しかしドイツ語の題名が何故 "Gefaehrliche Geliebte" なのでしょうか? 英語の題名でも "South of the Border, West of the Sun" と日本語に添った形で翻訳されているのに。ドイツ人にとってそこまでエロチックな小説なのでしょうか??。ちなみに僕の一番お気に入りの作家も村上春樹で彼の本はほとんど買って読んでいて、確かにSEX描写は結構出てくる気はしますが、そこまでおおげさに言うほどでもないと思うのですが、どうなんでしょうね・・・・



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:雑感 - ジャンル:海外情報



今回の内容は ドイツの子供達 Part.2 の話の続きです。


さて、子供達の折り紙に対する反応は?
質疑応答の時のちょと緊張した感じと違い、折り紙をやり始めるとすごく生き生きしていました。
とはいってもちゃんとした折り紙をするなんて初めてでしょうし、イラスト付の折り方説明書を配ったものの焼け石に水という感じで、子供達は???という顔付。やっぱりやって見せるのが一番!ということでゆーっくりとやって見せるのですが、結構デタラメに折るんですよね。折り目はかなり適当だし、端と端がそろっていないしと。結局は僕等がほとんど作っていたんじゃないかな。しかし生徒が多いだけに、一人の面倒を見ればいい訳でなく次から次に子供達が寄って来て、"Kannst du mir helfen?"(手伝って!) "Wie geht es weiter?"(次はどうするの?)の連発。

で、完成すると皆喜ぶんですよね。その後は一人で手裏剣を5つ以上作っている子もいて、「こんなにたくさん作ったんだよ!すごいでしょ!」 と嬉しそうに自慢しに来て、「すごいじゃん!」と褒めるとかなり満足顔。やはり子供褒めて育てるのが正解なんですね。ちなみに手裏剣は星に似ていることもあり見た目も綺麗だし投げて遊ぶことも出来るから特に男の子に、鶴は女の子に人気があるようでした。(写真の女の子が持っているのが折り紙の鶴です、分かるかな?)

      origami-kinder.jpg

でも改めて折り紙をやってみると結構奥が深いし、外国人にとってはちょっとした芸術作品と言っても過言じゃないような気がします。知り合いの日本人がドイツ人(若者)の為に難易度の高い動物を数種類綺麗に作ってプレゼントしたら、すごく喜んでパソコンモニターの上に飾っているようで、かなり外国人受けすると思います。今後海外に行く人は折り紙の練習をしておくといいかも!?
折り紙にちょっと興味もった方は このHP を見ると折り方など参考になりますよ。



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



今日も昨日に引き続きドイツの子供達についてです。
昨日は紙のリサイクルに関するプログラムがありましたが、今日はその流れを受けて日本が誇るべき伝統工芸(?)折り紙についてのプログラムを行いました。

対象となる子供達(年齢6~7歳)は昨日のプログラムにも参加しており、朝9時に僕と同僚の日本人2人が小学校に赴き約3時間あまりにわたって僕らがあれこれとやった訳です。もちろん担任の先生はいますし、その他に生徒の母親も数名参加してみえましたが。

1クラス22人で、日本のように机・椅子が一列に並んでいるのでなく5~6人が1つに机を集めて計4グループに分かれて授業を受ける方式で、広さも日本とさほど変わらないので非常にゆったりした印象を受けました。まさに規律よりも自主性を重んじるといった感じでしょうか。
しかしどの国でも小さい子供のやる事は一緒、授業中も休み時間もすごく賑やかなものです。ちなみにこっちでは休み時間でも持参したパンや果物、野菜やお菓子を自由に食べてよく、ある子供は生のパプリカをバリバリ食べていました。うーん、やはり日本とはちょっと違いますよね・・・
(添付の画像は子供達が校庭で遊んでいる所です。なんの遊びなんでしょうね?)

      20050708033426.jpg

そんな雰囲気の中で、まずは簡単に自己紹介をした後、日本について色々と質疑応答。例えば日本の文字はどう書くのとか、ドイツと日本では教室は違うの?等々など基本的なことばかりでした。
で、、、その時にちょっと困ったのは彼らの質問がよく分からないということです。
最初の方はまだ彼等も外国人を前に若干緊張してはにかんだ感じで話し、くだけた言い方で舌足らずな部分もあったりして、聞きなおすことも度々で先生にもフォローを入れてもらった。まだ簡単な話でもちょっと言い回しを変えられたりすると理解力が落ちてしまうんですよね。
語学は本当に難しいです (^^;

それで今回やった折り紙は2種類 「手裏剣」と「鶴」です。ちなみ昨晩はこの授業の準備として折り方の説明書とにらめっこして、何も見ないで素早く折れるようする為に3時間以上練習しました(爆)なんたって折り紙をするなんて、ここ20年間以上間違いなくやっていませんからね~。
しかし、なんですねー、ドイツまで来てまさか折り紙の練習をするとはね・・・ 
でも日本人たるもの折り紙は出来て当たり前!?


<まだ話は先があるので、次回に続きを書きたいと思います>



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ



今日は働いている施設で子供達向けの環境プログラムが開催されました。
その目的は子供達に紙のリサイクルについて関心を持ってもらおうというもので、紙をテーマにした演劇(約1時間半)を見た後、子供一人一人に苗木を植えた小さな植木鉢をプレゼントするというものです。子供達にも植木鉢に土を入れ苗木を埋め込み、水をかけるという工程を自分でやってもらうんですが、まだ6~7歳ぐらいなのですごく楽しそうで、植木鉢に自分の名前を書いたり、クレヨンで思い思いに色々な絵・模様?を描いたりしていました。
やっぱりこの年代の子供は本当にかわいいですよね!  
このまま素直に育って欲しいものです・・(←まるで親心のように)
添付の画像は、作業も終わりお菓子を食べながら一休みしている光景です。

     Kinder.jpg

しかし改めてなんですが、彼らはすらすらとドイツ語を綺麗に話しますよね!
当然の話なんですけど・・・ ちょっと嫉妬しちゃいました!(--;  
それでも彼らの話を聞きながら、こういう状況ではそういう風な言い回しをするんだなと、ちょっとしたドイツ語の勉強にもなりました。まさに日々勉強! 



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ


テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



普通の人にとって日本より海外で生活する方が何かとストレスが溜まると思います。それは語学力の問題から意思の疎通が思うようにならないことや生活習慣の違い、日本の家族・友達・知人から離れて人恋しさを感じること等々、要因を挙げればきりがないと思います。

では逆に ドイツで生活していてこれはいいなと、楽だなと感じる事 は何だと思われますか? 
個人的に楽だなと感じるのはドイツ人は年齢についての意識がそれほどない事だと思います。例として挙げるならば結婚年齢に対する意識で、日本では女性が20代半ばを過ぎると周りが結婚という圧力をジワジワかけ始め、30代に突入するとその圧力はますます強まると同時にあの娘は行き遅れたねと陰口も囁かれます。(僕は女性ではないので、どれほどそれがプレッシャーになるのか想像もつきませんが) その他にも 「あなたはもう○○歳だから××をした方がいい or ××を止めたほうがいい」 という台詞はどの年代になってもよく聞かれます。

僕も今ちょうど30歳ですが、日本に帰れば親戚の人からそろそろ結婚しないのという話や、いい歳していつまで海外でブラブラ(?)しているのなどという話も出るはずです。さすがにうちの両親はその事については何を言ってももう無駄だと思ってあきらめているでしょうが (^^; 
その点ドイツでは年齢を聞かれても、じゃあそろそろ結婚する時期だねとか、○○する時期だねという言葉は一度も聞いたことがありません。だからドイツでは年齢をほとんど意識することなく、自分のやりたいようにやればいいんだと強く感じさせてくれます。彼らにとって何をするかは個人の意思の問題であり、その時の年齢がいくつであろうとも関係ないというのが基本的なスタンスだと思われます。

例えばドイツの大学の在学期間は日本のように(通常)4年と決まっている訳でもなく4~5年ぐらいというおおまかな感じで、人によっては在学中に海外留学したり色々な研修や活動に参加したりして、在学期間もばらばらです。またドイツでは徴兵or社会奉仕が義務付けれている為、必ずしも高校卒業したら必ずしも大学入学という訳でもないようです。だから皆が皆が同じように横並びしているのではないし、その必要もないのです。

こういったドイツの環境に魅せられたからからなのでしょうか、会社を辞めて日本からドイツに来た30代未婚女性とも結構会いました。さすがに詳しい事情までは聞けませんが、やはり日本での年齢というプレッシャーの息苦しさから逃れてここに来ている人が多そうです。(もちろんそれだけの理由でドイツに来ている訳ではないでしょうが)



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



以前語学学校に通っていた時、同じクラスにスイス人女性とカメルーン人がいて、
休憩時間に肌や髪の毛の色の話題になった。

スイス人の娘はその時トーン落とした茶色の髪だけど、元々はもっと明るい茶色だったそうだ。
つまり敢えて髪の毛を染めて、黒くなるようにしているらしい。
僕らから見れば、何故綺麗な髪の毛をわざわざ黒くなるようにしなくちゃいけないかと思ってしまう。
それに対して、彼女曰く、
だって黒い髪の方が魅力的じゃない、東洋人のような綺麗な黒髪になりたいわ!
それに肌の色だって自分は白いけど、もっと健康的な小麦色がいい!


一方、カメルーン人の男性曰く、
彼の国の女性は褐色の肌を少しでも白くなるようにと熱心に石鹸で体をゴシゴシ洗っている人がいるよと。
(そんなのやっても全く無駄なことなのにね)

そして我等が日本はここで敢えて言うまでもなく、女性で髪を染めていない人が珍しいくらい。
また肌を白く保つ為に、夏でも長袖を着る人はいるし、化粧品をベタベタ塗ったりと。(この表現まずいかな・・・)

ドイツ人なんて夏の時期は肌の露出がすごく高くて、キャミソールや肩だしの服装は当たり前、
下着なんかチラチラ結構見えてるし(見せてる?)、
ミニスカートはいて自転車をガツガツこぎまくっています。

とにかく彼女達は体中に太陽を浴びて肌を綺麗に焼きたいんだろうけど、
君達にはもう少し恥じらいというものがないのか!?

まあ確かにここに書いたようなことを誰もが思っている訳じゃないだろうけど、
しかし、どの国の人もまさにない物ねだり!! 
形は違えども女性の美へのあくなき追求はすごい!



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報



今日が初めてのブログ。
最初だから意気込んで何かすごいこと書こうかなと思ったけど、
頭は空回りするばかりで、特に思い浮かばない・・・
という訳で最近ちょっと気になったこと一つ。

インターネット上で見かけた記事に、
> ロシアのテニスプレイヤー「マリア・シャラポワ」はロシアでは美人なのか? <
というのがあった。
日本では彼女は相当人気も高く、画像なんかもよく掲載されているようだけど、
ロシア人男性にとっては彼女は特別というわけじゃないらしい。
その理由というのがロシアには彼女のような容姿の女性は五万といるからというもの。
それじゃあ、彼らにとって美人とはどういうのを指すのか?

1.黒い長い髪
2.大きな黒い瞳
3.形のよい小ぶりの鼻

これにまさに相当しそうなのがスペイン出身の女優ぺネロぺ・クルスだけど、
日本人女性もこれに当てはまる人は結構いるんじゃないのかな?


それで同じような質問をドイツ人の友人に尋ねてみました。
> ドイツ人男性にとって美人とは? <

彼曰く、
美人の概念を言うのは結構難しいけど、付き合うだけなら金髪の目の青い娘がいいかな!
でも結婚相手となると黒髪や茶髪の娘がいいかなー。
だって金髪の娘ってなんかばかそうだし、黒髪や茶髪の娘の方がしっかりと
家庭とか子供を守ってくれそうだし。

僕も既に1年以上ドイツに住んでいて、最初は金髪女性は珍しく
結構気になってみていたが、今では別に普通・・・
逆にやっぱりというか黒い長い髪の女性の後姿なんかを見ると、結構気になってしまう。
やっぱり黒髪は魅力的かも。

ちなみに、彼は以前日本に2年間住んでいて、8月には日本に再び戻り
日本人女性と結婚する予定だそうです。
見事ご希望通り!



お主、今回はなかなか面白かったぞ・・・ 褒美をつかわす!
→ 人気blogランキングへ

テーマ:雑感 - ジャンル:海外情報



Prev | HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Wieso? ....... aus Japan, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。